ヘルスケア・ダイエット

花粉症対策 “食”から始めてみない?ミントがいいみたい

花粉症対策  “食”から始めてみない?ミントがいいみたい

 2月は花粉の飛散が本格化しはじめるシーズン。「とうとう今年もつらい時季がやってきた…」と敏感に感じている人も多いかもしれません。

 環境省の調査によると、スギ・ヒノキ花粉総飛散量は、前シーズンと比べ全国的に少なくなるとのこと。北海道と四国・九州の一部では例年並みかやや多くなりますが、東北地方南部から関東北部、北陸と東海地方では例年の50%以下のところが多くなると予測されています。スギ花粉の飛散開始時期も、全国的に例年並みか例年よりもやや遅くなるとか。

 とはいえ、対策は必要です。花粉症対策といえば、積極的なうがい、手洗いや洗顔、外出時の帽子やメガネ、マスクの着用が基本ですが、意外にも、ふだんの食生活から症状を和らげることができるそうです。

 まず大切なのが肉や卵、魚卵といった高たんぱく質食品を食べすぎないこと。花粉症は、人がもともと持っている抗体と花粉から溶け出した異物が反応することで、くしゃみや鼻水などが出るというメカニズムとなっています。つまり、余分な抗体を増やさないことが、症状を軽くすることにつながります。しかし、たんぱく質を摂取しすぎると、分解しきれていないアミノ酸が異物と見なされ、そこで新たな抗体が増えてしまうのだそうです。

 高たんぱく質食品を避けつつ、積極的に取り入れてほしい食材もあります。それはミント。ハーブの一種であるペパーミントには、抗アレルギー作用のある「ミントポリフェノール」というものが含まれており、岡山大学の研究では、これが鼻粘膜の腫れに効果があるという実験結果も出ているのだそうです。家庭で取り入れるなら、手軽に淹れられるペパーミントティーがおすすめです。

 花粉症も「備えあれば憂いなし」。今のうちに食生活からアレルギーに強い身体づくりをはじめてみませんか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。