ヘルスケア・ダイエット

「びまん性脱毛症」 薄毛に悩む若い女性が増加

「びまん性脱毛症」 薄毛に悩む若い女性が増加

「薄毛」や「脱毛」というと男性がもつ髪の毛の悩み、とイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、実は若い女性の間でもこのような悩みを抱えている人が増えているそうです。

 女性がかかりやすい脱毛症のひとつに「びまん性脱毛症」というものがあります。「びまん」という言葉には「一面に広がる」という意味があり、頭部全体の髪が均一に脱毛していくという症状が現れるため、人によっては全体的に地肌が見えてしまうほど悪化してしまう場合もあるとか。

 この「びまん性脱毛症」は、一般的に30~60代の女性に多いと言われている病気ですが、患者の中には20代の女性も少なくないのだとか。とくに若い女性が発症する原因には次のようなものが考えられます。

 ひとつめは現代人の多くが抱えると言われる「ストレス」。過度なストレスにより身体が緊張すると、自律神経の乱れが生じ、血行が悪くなることから髪の生成に支障をきたし、ストレスによるホルモンバランスの崩れが抜け毛につながることもあります。

 また過度なダイエットも原因のひとつ。無理な食事制限は、体内に十分な栄養を与えることができなくなるだけでなく、髪の毛も栄養失調状態になってしまい、毛が抜けてしまうのです。

 そして、不適切なヘアケアも「びまん性脱毛症」を引きおこす要因となります。スタイリング剤やパーマ、カラーリング剤を多用すると、頭皮を刺激し、負担をかけてしまうことに。毛根がダメージを受けると、脱毛が促進されてしまうのだそうです。

 意外にも私たちの日常生活の中に潜んでいた、「びまん性脱毛症」の原因の数々。まずは日ごろの生活習慣を見直すところから始めるといいかもしれません。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。