ヘルスケア・ダイエット

「外反母趾(がいはんぼし)」や「偏平足(へんぺいそく)」 足トラブルの原因と矯正

「外反母趾(がいはんぼし)」や「偏平足(へんぺいそく)」 足トラブルの原因と矯正

 外反母趾(がいはんぼし)や偏平足(へんぺいそく)など、足の変形で悩んでいる人もいるかもしれません。足の変形といってもその症状はさまざま。早めに予防、矯正すれば治るものあるので、気づいたら適切なケアを行うことが重要です。

 足の変形でいちばん多いのが外反母趾。足の親指の形が変形して、小指に向かって曲がってしまうものです。これは、サイズの小さい靴やハイヒールを長時間履くことで起こります。予防するには、歩き方を意識し、筋肉を鍛えるのもひとつの方法。そのためには、まずかかとをしっかりつけて、足の裏全体を地面につけて歩くこと。次に足の指で地面を蹴って進みます。これだけでも、足の筋肉を鍛えることができるそうです。

 足の裏に土踏まずがないのが、偏平足です。痛みがない場合は普通に日常生活を送ることができるので、矯正せずにいる人も多いですが、できれば直したほうがよいでしょう。なぜなら、偏平足は歩きにくいうえに、変な歩き癖がついてしまうから。すぐに疲れてしまうという難点もあります。矯正するには、日頃の生活のなかで意識してつま先立ちをすること。また、靴の中敷きにアーチサポートのついているものを履くと、歩行が楽になるでしょう。

 さらに、指がハンマーのように曲がってしまっているハンマートゥ。サイズの小さい靴を履きつづけたり、先の細くなったハイヒールなどを履いていたりすると、指が曲がったまま戻らなくなってしまう状態に。これは、足の指の長い人に起こりやすい症状です。関節の背が靴にあたり、摩擦でタコができたり、指の腹に魚の目ができたりします。予防法は、足の指に負担のかかるヒールのある靴を履かない、足の指が固定されず、横幅や長さのぴったり合った靴を選ぶということです。入浴後に1本ずつ足の指をつまみ、ぐるぐると回しながら指の付け根に押し込むようにするマッサージもおすすめです。

 足の変形は見た目だけでなく、痛みや歩き方にも関係してきます。早めにケアをして、足トラブルのない足をキープしましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。