ヘルスケア・ダイエット

男性だけじゃない! 「水虫」が女性に増加中 予防と対策は?

男性だけじゃない! 「水虫」が女性に増加中 予防と対策は?

「水虫」と聞くと、中高年男性がかかるイメージがあるかもしれませんが、実は女性にも増えているそう。それはどうしてなのでしょう?。

 一般に水虫と呼んでいるのは、真菌(カビ)の一種である白癬(はくせん)菌が足に感染した「足白癬(あしはくせん)」のこと。白癬菌は高温多湿の環境を好むので、足のムレが大敵に。女性に水虫が増えているのも、ストッキングやタイツ、ブーツなどによる足のムレが大きな要因になっているのです。

 水虫にかかると、足の指の間の皮がむけたり、足の裏やふち、指のつけ根などに小さな水ぶくれができたり、かかとのほか足の裏全体の角質層が厚くなって皮ふが硬くなったりします。じゅくじゅくしてかゆみを伴うものもあれば、かゆみのないもの、ひびやあかぎれなどと区別のつきにくいものもあります。とくに、冬の間の乾燥で「かかとがカサカサしているな」と思っていたら、実は水虫だったというケースも多いようです。

 水虫は、一度かかると根気よく治療しないと治りづらいもの。「もしかしたら…」と思い当たる症状のある人は、恥ずかしがらずに、皮ふ科で一度診てもらうといいでしょう。

 水虫の予防には、足の清潔が第一です。とくに、足の指と指の間は汚れがたまりやすいので、1本ずつしっかり開いて洗う習慣をつけたいですね。スポーツジムやヨガスタジオに通っている人は、更衣室などの素足になる場所で感染する恐れがあります。出かけたあとは、よりていねいに洗うように心がけて。

 また、家族や一緒に暮らしている人がいる場合、水虫に感染している人とは、バスタオルやバスマット、スリッパなどは共有しないように注意しましょう。

 ムレにくい靴を選ぶことも大切です。丈のあるブーツや、つま先の細いパンプスなどは、通気性が悪くなるので、オフィスでは履き替えるなどの工夫をするといいでしょう。同じ靴を毎日履くのも、湿気がこもって白癬菌が増殖しやすい環境をつくります。靴はローテーョンで履くようにして。

 素足でミュールやサンダルを履く時期を迎える前に、今からしっかり予防・ケアを始めましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。