ヘルスケア・ダイエット

花見だけじゃ惜しい 「桜の香り」活用テク

花見だけじゃ惜しい 「桜の香り」活用テク

 桜の魅力は、お花見だけではありません。桜餅や桜ご飯、あんぱんの中央に添えられる塩漬けの桜など、桜は食べ物としても楽しめるもの。これらをいただく際に、ふわりと漂う桜の上品な芳香に、ホッと心が和んだ経験がある人も少なくないでしょう。

 桜独特の香りには、リラックス効果のほか、抗菌や鎮静、タンや咳を止める作用、二日酔い防止作用も期待できると言われています。

 とくに、おすすめなのは桜の香りのリラックス効果をダイエットに生かすこと。気分が落ち着き、ストレスによる食べすぎを防ぐとともに、交感神経が刺激されて意欲が増すので、健康的にダイエットを続けることができるそうです。

 ただ、1点気をつけるべきことがあります。実は、美しく咲き誇る生の桜の花や葉からは香りは出ていません。桜の香りの主体は「クマリン」という成分なのですが、桜は塩漬けされることによって初めて、クマリンを生成して、あの独特の甘い香りを放つようになるのです。

 そのため、桜の香りの効能を最大限に得るためには、塩漬けされた桜を活用することが大事。塩漬けの桜を使った食べ物は冒頭に挙げたもの以外にも、和菓子やスイーツなどにあしらわれ、春を演出してくれています。また、手軽に取り入れる方法として、塩漬け桜にお湯をそそいで飲むのもおすすめ。湯のみやカップの中で桜の花びらが開き、目にも美しく、新しい季節の訪れを感じることができそうです。

 日本人が古来より愛してやまない桜。今年は香りの利点も活用してみては?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。