ヘルスケア・ダイエット

「歯の黄ばみ」  お金をかけずに自分で予防する方法

「歯の黄ばみ」  お金をかけずに自分で予防する方法

 もうすぐ新年度。新しい出会いも多い春に、清潔感のある白い歯があれば、より自信をもって人と接することもできるはず。反対に、黄ばんだ歯は、不衛生な印象を与えることもあるので、そうならないようできるだけ対処したいところです。

 現在、歯の黄ばみを除去し、白くするホワイトニングには、歯科医院内で施術を受ける「オフィスホワイトニング」と、歯科医師にホームケアセットを処方してもらう「ホームホワイトニング」の2つが主流です。これらは即効性がありますが、定期的に行う必要があるので、自ずとお金と時間がかかってしまうという悩ましさがあります。

 そこで、今回は専門のホワイトニング治療のお世話になる前に、自分でできる歯の黄ばみ予防対策をご紹介します。どれもお金をかけずに、日々の小さな心がけのなかでできることです。

 まずは、歯の黄ばみのもとになる食べかすを除去するために、食後は必ず歯を磨きましょう。とくに、食べかすがたまりやすい、歯と歯の間の接している面、とりわけ前歯と奥歯の歯間は、1日1回はデンタルフロスで、きれいにするのがおすすめです。

 次は、黄ばみのもうひとつの原因「ステイン」対策です。着色汚れであるステインは、紅茶、緑茶、コーヒー、ワインなどの飲み物や、カレーなどの食べ物に含まれる色素、タバコのヤニなどが挙げられます。これらのものを摂取した後は、いつも以上に念入りに歯を磨くことが大切。そして、歯を白くしたい場合は、これらのとりすぎに注意することも必要です。

 ただ、すでに蓄積してしまったステインについては、歯に色素が沈着している可能性も高く、力任せに磨いても、なかなか除去できません。その場合は、最近市販のものも増えている、ステイン除去効果のある歯磨き粉を使って、丁寧にブラッシングしましょう。化学的な力でステインを浮かせて取り、徐々に本来の歯の色を取り戻すことができますよ。

 歯の黄ばみ対策については、やはり基本の歯磨きが重要ということがわかります。ただ、どうしても歯磨きができないという状況におかれることもあるでしょう。そんなときは、食事中や食後にたくさん水を飲みましょう。水を多めに飲むことによって、唾液がたくさん分泌されて、食べかすやステインを、少しずつ洗い流してくれますよ。

 毎日の食生活のなかで積み重なる歯の黄ばみ。日頃の習慣で対策をしていくという地道なことが遠回りのようで近道なのかもしれません。さっそく今日から、自宅で職場で、歯の黄ばみ対策を意識してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。