ヘルスケア・ダイエット

この時期マスト 自分の顔に合った「マスク」サイズの測り方・選び方

この時期マスト 自分の顔に合った「マスク」サイズの測り方・選び方

 インフルエンザが流行する時期や花粉症の季節になると、マスク姿の人をよく見かけますよね。マスクは肌との隙間をなくして、ウイルスや花粉の侵入を防ぐためのものです。でも、正しくマスクをつけている人は意外と少ないよう。マスクを選ぶときの注意から、ポイントを確認してみましょう。

 まず、自分に合ったマスクを選ぶときに注意したいのが、顔への密着性とつけ心地です。購入前に、素材や機能、そして形とサイズを確認しましょう。購入後は、顔との間に隙間ができないか、耳かけで耳が痛くならないか、呼吸がしやすいか、ゴワゴワした不快感はないかなどをチェックしてください。

 そして、自分に合うマスクを選ぶにはサイズも重要です。顔に合わないマスクでは、隙間から花粉やウイルスが侵入するため、十分な効果が得られません。顔にフィットするマスクを選ぶには、以下の「マスクのサイズの測り方」を参考にしてみましょう。

●マスクのサイズの測り方
(1)親指と人差し指でL字型をつくります。
(2)L字型にした状態で、耳のつけ根のいちばん高いところに親指の先端をあて、鼻のつけ根から1cm下のところに人差し指の先端をあてます。
(3)親指から人差し指までの長さを測れば、それがマスクサイズの目安になります。

 測った長さが、9~11センチの場合は子ども用サイズ、10.5~12.5センチの場合は小さめサイズ、12~14.5センチ場合は普通サイズ、14センチ以上は大きめサイズがおすすめです。

 マスクを長い時間使っていると雑菌が繁殖します。息によってマスクが湿ってきたり、マスクからニオイを感じたら、取り替えるようにしましょう。使い捨てタイプの場合は1日1枚が目安です。ガーゼタイプは洗濯することで再利用できますが、洗濯するときはガーゼの繊維がほつれることがあるので、やさしく手洗いをし、漂白剤などは使用しないでください。

 マスクは正しくつけてこそ、効果を発揮するものです。購入前に試すことはできませんが、いくつか使ってみたり、サイズの測り方を参考にしたりして、自分に合うものを選ぶようにしましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。