ヘルスケア・ダイエット

体重が減るのは寝ているとき! キレイをつくる5つの美習慣

体重が減るのは寝ているとき! キレイをつくる5つの美習慣

美しい身体を手に入れるためには、エクササイズや食生活の見直しはもちろんですが、毎日の生活習慣のちょっとした改善が近道になるんです。今すぐ始められる5つのコツを、ご紹介します。

キレイをつくる5つの美習慣

(1)朝と夜の2回、体重を測る
(2)常温の水を毎日2?飲む
(3)37~39℃のぬるまに30分入浴する
(4)毎日7時間は眠る
(5)正しい歩き方を手に入れる
健康や美容のための習慣として、よく言われていることが多い印象ですが、この中で気になったのが「朝と夜の2回、体重を測る」というもの。体重をチェックするのは必要だとしても、「なぜ朝と夜の2回?」という疑問が沸きます。そして、読んで納得!


体重が減るのは寝ているとき! 起床後は1kgも痩せる

それは、体重は日中ではなく、寝ている時に減るから。代謝がきちんと行われている体なら、寝る前より起床後の体重に約600g~1_の変化が表れるそうです。体重が前日の夜より減っていない人は、良質な睡眠を得ることができずに、代謝が落ちてしまっている状態だと自覚することがまず必要なのだそう。


自律神経が体重にも影響する!

また、代謝が行われるには「自律神経」が整っている必要があるのも重要なポイント。自律神経には呼吸や体温調節、消化、排泄、代謝など、自分の意思とは関係なく体をコントロールする働きがあり、さらに交感神経と副交感神経のふたつに分けられます。交感神経は日中の体の動きを活発にし、副交感神経は夜に体を休める働きを担っています。

ストレスや不規則な生活で自律神経のバランスが崩れ、交感神経と副交感神経の切り替えがスムーズに行われないと、代謝が落ち、腸の動きも乱れて便秘やむくみなどに悩まされるように。食欲が過剰になる原因にも! いくらダイエットに励んでも、まったく結果が出ない体になってしまうのです。

[ミス・ユニバース・ジャパン オフィシャルトレーナーが教える
ダイエットをやめてキレイになる方法]
(中澤小百合)

[マイロハスより]


きちんとした睡眠、水分補給はスタイル維持にも必要不可欠。体重を2回計るのが効果的なのは意外ですよね! 今回紹介したのは、どれも今すぐはじめられる小さな工夫ばかり。ポイントをおさえた生活習慣改善で、内側からの美人を目指しましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。