ヘルスケア・ダイエット

脳と子宮の親密な関係とは? 女性に必須の「子宮力」を高める秘訣

脳と子宮の親密な関係とは? 女性に必須の「子宮力」を高める秘訣

女性の多くが抱える、生理痛や生理不順といったデリケートな悩み。そうした生理トラブルは毎日を元気に美しく送るために、見過ごせない症状ですね。なかなか改善できないこれらの悩み、もしかすると「子宮力」を高めることで、解決できるかもしれません。

女性の不調の鍵をにぎっているのは、子宮!

でも原因がわからないままでは、何をケアすればいいのかわかりません。何をケアすべきか、そして原因は何なのか......それはズバリ「子宮」が鍵を握っているようなのです! つまり、女性特有の症状は子宮をケアすることで改善する 、ということ。そしてそう提唱しているのが、昔から日本女性の悩みに寄り添ってきた漢方専門店が監修した本「子宮力を上げる漢方レッスン」です。

脳と卵巣と子宮が連携する機能のことを、「子宮力」と呼び、女性が美と健康を維持するうえで欠かせないこの力を高める方法を紹介していきます。※1

こう書かれているように、本書では子宮や妊娠、生理のしくみなど、人に聞きにくいけど気になる、女性にとって大切な情報が盛りだくさんです。

子宮力を高めるには、冷やさないことが基本

たとえば、子宮力をもっとも低下させる要因は冷え"であることから、体を冷やさないと同時に体自体を温めることの重要性を唱えています。体を温めるには、意識的に深く呼吸をしてエネルギーを高めたり、耳をひっぱることで体を温かくさせることも良いのだとか。またアーユルヴェーダのように気・血・水の不足や滞りから6つの体質にわけて診断し、それぞれ自然治癒力を高める方法や、おすすめ漢方料理とそのレシピ、そして養生ポイント、妊活スタイル、更年期ケア、代表的な漢方などを教えてくれます。
たとえば、気が滞っている人というのは......

  • 胸やおなかの張りが気になる
  • イライラしたり、憂鬱になったりする
  • 肩や背中が張って痛む、片頭痛
  • 月経前症候群(PMS)がつらい
  • 食欲や排便のリズムに波がある
  • 生活が不規則でストレスが多い

これらの項目が多く当てはまる人は「ストレスタイプ」。このタイプの人は、思いっきり身体を動かしたり、自分に休養を与えたり、柑橘系の果物や香味野菜を食べることで気を巡らせると良いそう。逆に気が不足している「パワー不足タイプ」の方は、夜更かしなどエネルギーの無駄づかいをせず、無理なダイエットは控え、身体を温める黒豆や黒ゴマなどの黒い食べ物をとることが良いようです。

※1「子宮力を上げる漢方レッスン」より引用

(知恵子)

[マイロハスより]

 みなさんも子宮力を高めて健康的なビューティーライフを送りましょう!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。