ヘルスケア・ダイエット

季節に合わせて楽しむ「月別・12種類のおすすめ」お風呂

季節に合わせて楽しむ「月別・12種類のおすすめ」お風呂

昔から冬至にはゆず湯といいますが、この他にも日本では古くから季節ごとのお風呂の楽しみ方があります。編集部は、あまり知られていない12種類のお風呂の種類と効能を調査してみました!

  • 1月 松湯
    疲労感を軽くし、神を待つ木(松)で1年の無事を祈る
    (松の精油成分は神経痛やリウマチに効き、肩こりや腰痛にも効果がある)
  • 2月 大根湯
    風邪に負けず、厳しい寒さをのりきる
    (大根の葉に含まれているビタミンやミネラルが保温効果を高める)
  • 3月 蓬湯
    冬に溜まった疲れを取り邪気を祓う
    (肩こりや腰痛をやわらげるほか、香りにはストレス解消や安眠にも効果もある)
  • 4月 桜湯
    湿疹や腫れ物をきれいにして薄着にそなえる
    (桜の樹皮エキスは湿疹や打ち身などの炎症抑える働きがある)
  • 5月 菖蒲湯
    不浄を払い、邪気を遠ざけ勝負に勝つ(5月5日端午の節句)
    (血行促進の働きがあるほか、打ち身などの鎮痛作用もある)
  • 6月 どくだみ湯
    薬湯であせもや水虫を改善する
    (どくだみのエキスはあせも・しっしんなどに効果的)
  • 7月 桃湯
    日焼けした肌をケアして暑気払い(夏の土用)
    (タンニンによる消炎・解熱作用や、収れん作用による肌トラブル改善)
  • 8月 ミント湯
    夏冷えを解消し、お風呂あがりをさらさらにする
    (薄荷には発汗を抑え、血行促進や保温効果もある)
  • 9月 菊湯
    夏の疲れをほぐし、厄を払い長寿を得る(9月9日菊の節句)
    (皮膚を刺激して血行を促進し、カラダの痛みをやわらげる)
  • 10月 生姜湯
    カラダを芯から温め、早めの風邪予防
    (辛味成分と精油成分には血行を促進・保温・防腐・抗菌・抗酸化作用がある)
  • 11月 蜜柑湯
    湯冷めせず、美肌もつくる
    (精油成分の血行促進作用と、果皮のクエン酸やビタミンCの美肌効果もある)
  • 12月 ゆず湯
    カラダを芯から温め冷え症を改善(冬至)
    (精油成分には血行を促進作用があり、新陳代謝も活発にする)

[お風呂の意義と目的,お風呂12ヶ月INDEX]
(知恵子)

[マイロハスより]

冬はお肌の保湿を助けたり、夏は発汗を抑えたりするなど、季節ごとの悩みを緩和してくれるお風呂。毎日オフィスで過ごしていると、季節の変化にも疎くなってしまいがちですが、バスタイムに季節のお風呂を取り入れることで、自然を身近に感じられるのも◎。さっそく、今月から試してみませんか

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。