ヘルスケア・ダイエット

だるい・眠いの症状に効果アリ! 自宅でできる対処法「1日30分のライトセラピー」とは?

だるい・眠いの症状に効果アリ! 自宅でできる対処法「1日30分のライトセラピー」とは?

気力の低下や倦怠感、過眠、過食といった症状のある方は、要注意! 太陽光が不足することで体内時計のリズムが狂い、うつうつとしてしまう症状のことを、ヨーロッパでは「ウィンターブルー」と言うのだそうです。

1日30分のライトセラピー

そこで開発されたのが、体内のリズムを正常にする「ライトセラピー(光療法)」です。

使い方は簡単で、医療器具として認可された専用ライトをそばに置き、朝起きたら30分間、そのライトを浴びて過ごすだけ。1日に一定時間、集中的に明るいライトを浴びることで、体内のホルモンバランスが整えられ、ウィンターブルーを防ぐのに役立ちます。

フランスでは年々需要が増していて、150~300ユーロで購入できます。

自宅でできるウィンターブルー対策

このライトを買わなくても、家の中をなるべく明るくすることでケアする方法が紹介されていました。

「壁の色を白やベージュにしたり、木目調の明るい色の家具を使ったり、家の中に鏡をおいたりします。また、ひかりもののアクセサリーを身につけるだけでも、ちょっとした対処に役立ちます」

※『Topsant_.com』より引用
[Topsant_.com]

(下野真緒)
[マイロハスより]

朝が辛かったり、ついつい食べ過ぎてしまうのも「ウィンターブルー」のせいかも。気分が落ち込み気味なときは、家の中を明るく模様替えするだけで、こういった症状も回避できるかもしれません。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。