恋愛

運命の人とはもう出会っている!昔からの知り合いとの恋愛がおすすめな理由

運命の人とはもう出会っている!昔からの知り合いとの恋愛がおすすめな理由

日差しが眩しく感じるようになると、服装も軽くなり、開放的な気分になりますよね。 「素敵な出会いはないかな...」と、盛夏に向けて恋がしたくなってきます。

いくつかのアンケートを参照してみたところ、恋人との出会いで最も多いのは、「職場」でした。なるほど、結婚相手との出会いでも常にトップですよね。

意外と多かったのは、「同じ大学やクラスメイト」でした。既に仲良くしている「友達」ではなく「ちょっと知っている」という程度の人が、可能性が高いようです。 「元同じ大学やクラスメイト」が、恋人に発展しやすいのは何故なのでしょうか?

理由その1:ときめくことができる

恋が始まるためには、ときめくことが必要です。友達になってしまうと、改めて恋愛という雰囲気にはなりにくいのですが、「ちょっと知っている」程度の付き合いであれば、まだよく知らない部分も多く、恋愛という関係に違和感なく入っていくことができます。

理由その2:最低限の信頼関係が既にある

休み時間やサークル活動の際に、他の人たちとの関わる素の彼の姿を見ていた時期があり、人となりや背景がある程度把握できています。最低限の信頼関係が既にできあがっているので、特別な関係に発展させていくことへの不安が低減されます。

理由その3:共通の話題や思い出がある

個性的な先生、印象的な出来事、通学途中のお店...。共通の話題や思い出があるので、懐かしさを含んだ楽しい会話が続きます。懐かしさというのは、心をあたたかくする感情で、二人の結びつきを強くします。

学生時代に、友達とまではいかなくても、「知り合い」で、気になっていた人がいたら、何らかの方法で連絡をとってみてください。当時彼女がいたとしても、今はフリーかもしれませんよ。恋に発展する可能性も高いと思います。

運命の人には、実は、もう、出会っているのかもしれません。

晴香葉子

晴香葉子

作家/心理コンサルタント/コミュニケーション学研究者

女性誌からテレビまで、数々のメディアで活躍中。一人ひとりの幸せにつながり、広がる、心理学について、様々な角度から情報を提供している。著書は76 万部を超え海外でも出版。新刊『もてる「星の王子さま」効果 女性の心をつかむ18の法則』(講談社+α新書)。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。