恋愛

【LINE恋愛考】「既読スルー」に見え隠れする男子の深層心理とは

【LINE恋愛考】「既読スルー」に見え隠れする男子の深層心理とは

LINEの既読サインが出てもなかなか返信がこない、いわゆる「既読スルー」。「前はすぐに返信してくれたのに、何で今はしてくれないの?」彼に対して疑心暗鬼になっていたとしたら要注意! すでに「恋愛のネガティブループ」に一歩踏み込んでしまっているかもしれません。

ツールが変わっても、恋する乙女の悩みは変わらない

恋人との連絡手段が手紙から電話、電話からメール、メールからLINE...と次々に進化しても、乙女の悩みはいつも同じ。「何で返信してくれないの? 誰かと一緒にいるの? 私のことが嫌いになったの?」と妄想はどんどん膨らみます。本人は本気で悩んでいるのに、相手はあまり気にしてくれない。それはあなたが負のスパイラルにハマって、現実の彼の姿が見えなくなっているからです。

大切なのは返信の早さより「彼の心のありか」

付き合う前はすぐに返信してくれていたのに...と思う人もいるでしょう。でもそれは「前より大事じゃなくなった」のではなく、「前よりずっと近くなった」ということ。

「大切なことは、彼がどこにいるかということ。この、どこというのは心の場所のこと」

(藤沢あゆみ『何があっても自分の味方でいれば、あなたはこれまでで一番好きなひとに出会う』より)。

こう作家の藤沢あゆみさんがこう言うように、ふたりの心の距離が近づくほど、あわてて返信して相手の心を引き止める必要はなくなるのです。

恋愛上級者なら、ツールの使い方もロマンチックに

返信が欲しいからと言って質問攻めのメッセージを送ったり、「メール見たらすぐに返信すること!」と相手に強要したりするのはNG。あなたのメールに返信することが食器洗いやゴミ出しと同じように、「面倒だけどしないといけないこと」と認識されてしまいます。それよりも、ごくまれに届くあなたからの「おはよう!」の方が、よっぽどうれしいはず。彼が喜ぶ言葉をじっくり考えてひとことだけ送る、そんなツールとして使った方がずっとロマンチックだと思いませんか?

既読サインが出た瞬間に「彼がどこかで私のメッセージを受け取った!」と思ってときめくことができれば、ネガティブな悩みも消えて、もっと純粋に彼との恋を楽しむことができますよ。

参考文献:藤沢あゆみ『何があっても自分の味方でいれば、あなたはこれまでで一番好きなひとに出会う』(中経出版)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。