恋愛

要注意!男心が急降下する「ゲンナリフレーズ」とは?

要注意!男心が急降下する「ゲンナリフレーズ」とは?

気になる彼と話している途中、ふと彼の表情が曇った...それはあなたの<ゲンナリフレーズ>が原因かも!? 恋愛コラムニスト・山田周平さんによると「一番口にしてはダメなのが男のプライドを傷つけるフレーズ」なんだとか(『男は耳で恋をする』(いろは出版)より)。楽しく話しているつもりが無意識に相手のプライドを傷つけて、恋のチャンスを自ら手放してしまっているかも。以下に紹介する<ゲンナリフレーズ>を参考に、男心を研究してみましょう!

「俺のこと男として見てない...?」と思ってしまう一言

「いい人だねっ」

言った方は褒めているつもりでも、男性は「恋愛対象外宣告」を受けたも同然の気持ちになるそう。女同士の会話でも、「いい人なんだけどね...(付き合うにはちょっと物足りないかな)」というニュアンスで使われていますよね。少しでも気になる男性に向けては絶対的NGワードですよ!

「謙虚」のつもりが「ワガママ女」認定?

「何でも(どこでも)いいよ?」

食事の店を決める時にコレを言われると、男性はイヤな予感がしてしまうという魔のフレーズ。「じゃあここは?」「うーん、ここじゃないかなあ」「(さっきどこでもいいって言ったじゃん!)」というその後の会話まで想定して、ゲンナリ...。さらにお店を出た後、「ここの料理、ちょっと微妙だったね」なんて言ってしまったら、次のデートに誘われる可能性はゼロと思っていいかも。

タイプ別に対策しておきたい<ゲンナリフレーズ>

軽いツッコミのつもりでも痛烈なダメ出し扱いになるのが、「鈍感だよね」「女心が分かってない」などの責める言葉。男性は意外と繊細なので、常に優しい言葉をかける方が得策です。アネゴ肌タイプ女子の「知らないの?」「こうした方がいいよ!」などのアドバイス系も要注意。「バカにしてんのか!」と、男性の反感を買ってしまう場合も。

相手をゲンナリさせないための最大のポイントは「男を立てる」こと、これに尽きます。そうすることで、彼は「この子といると居心地がいいな...」と思うようになるはず。
男心を理解して、効果的な恋愛ステップを踏みたいものですね♪

(参考文献)山田周平『男は耳で恋をする』(いろは出版)

【関連記事】
「ズキュンフレーズ」で彼の心を捕らえる!恋の始まりに効く言葉?
目指すは友達以上!彼が一歩踏み出したくなるズキュンフレーズ
恋の最終決戦!男心を加速させる「ズキュンフレーズ」とは?

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。