恋愛

結婚を焦り始めるのは34歳!?謎に包まれた「男子の結婚観」に迫る!

結婚を焦り始めるのは34歳!?謎に包まれた「男子の結婚観」に迫る!

女子に比べ、男子は総じて結婚への意欲が低い傾向にあると思います。周囲からのプレッシャーも少ないし、子どもを産むことに対するリミット意識も希薄...。
願望の有無に限らず20代中盤くらいから結婚を意識し始める女子からすれば、そんな男子が謎だらけに映るようです。では、そんな男子が結婚を意識するのはどんなときなのでしょうか? 今回はこの問題について、女子の疑問に答える形で考えてみたいと思います。

疑問1:男子が結婚を意識する年齢は?

よく言われるのは、「女子の5歳遅れ」という説です。例えば女子が24歳くらいで結婚を意識し始め、29歳で焦りが募り、32歳で危機感がピークに達するとしたら、男子は29歳、34歳、37歳でそれぞれの状態に達する、というイメージです。ですので、男性の場合は、せいぜい34歳、といったところでしょうか。

疑問2:男子同士は結婚トークってするの?

男子同士の会話だと、なぜか結婚は「ネガティブなもの」として語られがちです。これには照れ隠しや同調圧力といったものが関係しているのかもしれません。いずれにせよ「年貢の納めどき」「結婚は人生の墓場」といった酷い言葉があるように、結婚は悪いものとして扱われてしまうため、「語り合う中で結婚への憧れを募らせる」ということは少ないように感じます。

疑問3:どうやったら結婚を意識させられる?

彼氏がいる人にとって、これは悩みの種だと思います。男子はよく「収入が安定したら」「仕事で一人前になったら」などと言って結婚を先延ばし(=現状維持)しようとしますが、要するに「覚悟が決まっていない」だけです。なので、意識させるということは、覚悟を問うということと同義です。「私は○歳までにあなたと結婚したい。あなたはどうか?」と具体的な期限を切る、あるいは「私と別れるか結婚するか、どちらかを選んで」と究極の2択を迫る、といった方法が有効です。

結婚に関してのんびり構えている男子にとって、それをリアルに意識するのは「まわりの人間関係の中で独身者が自分だけになったとき」か「恋人に結婚を迫られたとき」くらいのもの。「結婚する気がないなら別れる」くらいの覚悟を持って突きつけてみれば、案外コロッと結婚に傾く可能性も少なくないと思います。

【関連記事】
男性のLINEがそっけない...。これって私に興味がないの?
女子からのボディタッチ、そのとき男子は○○スイッチが入る!
どうして彼女がいるのにAVを見るの?男子に本音を直撃!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

清田隆之

清田隆之

恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表

失恋ホスト、恋のお悩み相談、恋愛コラムの執筆など、何でも手がける恋愛の総合商社「桃山商事」代表。男女のすれ違いを考える恋バナポッドキャスト『二軍ラジオ』も更新中。「日経ウーマンオンライン」や「messy」でコラムを連載中。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)がある。illustration:YUKO SAEKI

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。