恋愛

7つの「別れのパターン」を知って、恋の終わりを回避せよ!

7つの「別れのパターン」を知って、恋の終わりを回避せよ!

素敵な出会いからせっかく付き合うことになったのに、いつもうまくいかずに別れてしまう...。それは、あなたが「恋愛ダメパターン」にハマっているからかも!? 「関係が悪化し別れに至るときは、誰でもだいたい似たような経過をたどる」もの(森下克也「運命の恋を長続きさせる本」学研パブリッシング)。今回は、代表的な7つの「別れのパターン」を紹介。自分の過去の恋愛を振り返りながら対策を考えてみては?

マジメで頑張り屋さんが陥りやすい!?「優等生型」「孤軍奮闘型」

「優等生型」の別れ方は、2人の問題なのに自分ひとりで解決しようとすることがきっかけになりがち。少しずつ相手への不満が溜まり、最終的に爆発して収拾がつかなくなります。さらに、相手があなたの愛情に甘えて、お母さんのように世話を焼く関係になってしまった場合が「孤軍奮闘型」。どちらも、あなた自身が殻を破って相手の問題を指摘し、コミュニケーションをとることが解決の糸口になりそう?
この逆パターンが、彼の愛情や優しさを当たり前のように要求しつづける「お姫様型」。このタイプは、相手の不満を受けとめる「思いやり」や「気づかい」が不足しがち。相互理解を深める努力をしましょう!

厄介な問題を抱え込みがちな「腐れ縁型」と「傷つけ型」

出会ったときは温厚で優しい人だと思った彼が、付き合いはじめると高圧的な態度になり、別れを切り出しても別れてくれない「腐れ縁型」は、彼の隠れたコンプレックスが原因になっている場合も。毒舌や攻撃的な性格の女子が陥りやすい「傷つけ型」は、おとなしくて自分の意見を主張できない彼を前に「鬼嫁化」し、相手を萎縮させてしまうタイプ。恋愛は「相手を支配すること」ではありません。どちらの場合もケンカが多いので、「どうしたら同じことの繰り返しにならないか」を考えることが大切です。

理解しあえない「男女脳型」と嫌われやすい「監視型」

ロマンチックなデートを望む彼女と、記念日すらすぐに忘れてしまう彼...。男女の考え方の違いによってケンカが絶えない「男女脳型」は、お互いに「男の人/女の人っていうのはこういう考え方をするものだ」と割り切ることが必要かも。「監視型」は、携帯チェックやこまめな連絡の要求など、相手のことを常に把握したがる束縛タイプ。四六時中疑われ続ければ、誰でも疲弊してしまうもの。相手を信じる勇気を持って!

恋人たちが別れる時は「『ケンカ』→『無視』→『見下し』という基本的な流れを踏襲」しがちなんだとか。...となると、「ケンカを防ぐこと」が重要なステップですね。「最近、いつも同じようなケンカをしてるな...」と思ったら要注意! 自分たちが陥りそうな「別れのパターン」からの脱却方法を考えてみて。

(参考文献)森下克也「運命の恋を長続きさせる本」(学研パブリッシング)

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。