恋愛

【DJあおいの○○女子ぶった斬り】周りに気をつかわせる「ハラスメント女子」!?

【DJあおいの○○女子ぶった斬り】周りに気をつかわせる「ハラスメント女子」!?

「肉食女子」「こじらせ女子」など、女性を表現する言葉は時代背景によっても様々。ツイッターやブログで独自の恋愛観を語り、大人気のDJあおいさんに"女性の生態"について語ってもらう「○○女子ぶった斬り」。第2弾の今回は、自分を守るためにキャラ作りをして、周りに圧力をかける「ハラスメント女子」を斬っていきます!

ハラスメント女子の特徴10選

  • 『わたしブスだから~』とブスを自称して、『そんなことないよ』と言わざるを得ない状況に追い込むブスハラ女子
  • 『わたしデブだから~』とデブを自称して、『そんなことないよ』と言わざるを得ない状況に追い込むデブハラ女子
  • 『わたしサバサバしてるから~』とサバサバを自称して、下品な毒を吐きまくるサバハラ女子
  • 『わたしバカだから~』とバカを自称して、他人に仕事を回そうとするバカハラ女子
  • 『わたしオタクだから~』とオタクを自称して、オタク界の姫の座を狙うオタハラ女子
  • 『わたしクズだから~』とクズを自称して、クズな行動を肯定しようとするクズハラ女子
  • 『わたしネガティブだから~』とネガティブを自称して、他人に構ってもらおうとするネガハラ女子
  • 『わたしモテないから~』と非モテを自称して、ハードルを下げ男にモテることを企んでいるモテハラ女子
  • 『わたしエスだから~』とエスを自称して、ただ意地悪なだけの言動を肯定しようとするエスハラ女子
  • 『わたし貧乳だから~』と貧乳を自称して、男性に対してネガキャンしているようでしっかりとセックスアピールをしているチチハラ女子

DJあおいが「ハラスメント女子」をぶった斬る!!

何がイタイかって、自分で自分をキャラ作りしてプロデュースしようとする魂胆がイタイですよね。自分は世間でどんなキャラとして扱われているのか....。そんなことは世間が勝手に決めればいいことであって、自らキャラ作りするのはちょっと違うと思うんです。そんな枠に自分をはめてしまったら窮屈ですよね。本来のナチュラルな『自分らしさ』というものが失われてしまいます。

だいたい自称するキャラ設定はネガティブな表現にしておくことが多いんですよね。ブスであったり、クズであったり、貧乳であったり。そんなものを自称しても何の得にもならないと思われがちなんですが違います。ちゃんと『お得』というものを計算してのネガティブな自称キャラなんです。

『わたしはこんなにダメな女ですよ』というキャラを自称すれば何か失敗をしたとしても、その自称したキャラがそっくりそのまま言い訳になってくれるんです。もし何か成功したとしても『こんなダメキャラなのにスゴい!』と相対的に成功が際立つようにしておくんですね。それは、どっちに転んでも損をすることのない巧妙なキャラ作り。そういうズル賢い計算が見え隠れしてしまうところが『ハラスメント』ってことです。

もともと『自分らしさ』というものは気まぐれなものでして。そんなに一貫性のあるキャラクターではないんですよ。
エスなときもあれば、エムなときもあり。
社交的なときもあれば、人見知りなときもあり。
美女なときもあれば、野獣なときもあり。
マグロなときもあれば、トビウオなときもあり。
それらを全てひっくるめての『自分らしさ』というものなんです。自分らしさというものは、わりと自由なものなんです自由だからこそ、ナチュラルな魅力になるもの。ひとつの枠に自分を押し込めて、自分で自分を決めつけないように。

じゃないと、イタイ女になっちゃうぞ...!!

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

DJあおい

DJあおい

謎の主婦

ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人。
サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー
約15万人。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されていますが、その素
性はいまだ謎のままです。 Twitter ブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。