恋愛

【DJあおいの恋愛相談】"こじらせ男子"に片思い。惚れた女の役目とは?

【DJあおいの恋愛相談】"こじらせ男子"に片思い。惚れた女の役目とは?

【今回の恋愛悩み】

『30代女性です。いわゆる「何を考えているかわからないタイプ」の男性を好きになってしまいました。好きな女性のタイプを聞いてもやたらと複雑な回答が返ってきて、なんだかこじらせている様子...。ついには「俺は人を好きにならない」などと言われてしまいました!! これは私の気持ちに気づいて予防線を張っているのでしょうか? この恋が成就することはありますか?』

恋愛で傷付くリスクを最小限に抑えようとすると...!?

好きだという気持ちが大きければ大きいほど、その恋愛がダメになってしまった場合、その気持ちの大きさはそっくりそのままダメージの大きさになってしまうものでして、恋愛というものは本気になればなるほど、傷付く痛みもそれに比例して大きくなってしまうリスクがあるものなんです。

過去にそういう経験(トラウマ)がある人ほど『人を好きになるのが怖い』と感じてしまうもの。異性との関係は無意識に好きにならない程度の距離感を保ってしまうようになるんですよ。好きになりそうになると精神的な距離を置いて、恋愛感情になりそうな芽を摘み取ってしまうんです。そうやって自分を守っているわけですね。

しかし、そんな人でも恋愛をしたくないわけではないんです。傷付きたくないだけで、ちゃっかり恋愛願望は持っています。つまり『自分からは好きになれないけど、好かれるのはウェルカム』というちょっとした図々しい願望です。好きになってくれた人から『好きになれそうな人』を選び、傷付くリスクを最小限に抑えた恋愛をしようとするわけですね。ですからこういう人に意思確認をしても曖昧な返事しか返ってこないケースが多いんですよ。それがこのタイプだと思います。

そこまで悪い男になりきれない「小心者」という罪

でも本当にこじらせてしまうと男性は自暴自棄的に下心だけで動くようになります。こういうシチュエーションならば安易に『愛してるよ』的な嘘をついて、"その気にさせておいてポイ"みたいな最低な男になってしまいます。しかし、まだそこまで悪い男になれない、ある意味恋愛に真面目なタイプに罪があるとしたら、小心者だというだけの罪なんですよ。

では『付き合うことはできないのか?』と問われたらそんなことはありません。付き合えます。しかし『それが続くのか?』と問われたら答えは否。その恋愛が続くことはないでしょう。最初から覚悟の欠けた恋愛ですから、どんなに献身的に尽くしてもその人には物足りなく感じることでしょう。何が足りないって自身の覚悟が足りないだけですからね。こちらがどれだけ愛情を注いでも、その人を満たすことはできないわけです。

本当に恋愛の傷を癒すのは、ひとりの時間

『恋愛の傷は恋愛で癒せ』とも言ったりするのですが、はっきり言ってこれは嘘です。恋愛の傷は恋愛で癒せません。せいぜい誤魔化すことしかできないのが恋愛の傷。むしろ違う恋愛では、傷が深くなることが多いんですよ。恋愛の傷を癒すのはひとりの時間です。『辛い、悲しい、寂しい』という感情を処理する時間、当然の如く痛いです。泣かない夜なんてないのかもしれません。こじれることもあるのかもしれません。でもそれが正解なんです。 何も間違っていません。

『痛い思いをしているときは大きくなっている途中のとき』
彼は今、必死に大きくなっている途中なんですよ。今、彼に必要なのは恋愛ではなくひとりの時間。そのひとりの時間を見守ってあげるのが惚れた女の役目なんじゃないでしょうか。それが待てないようでは、それは愛情とは呼べない気持ちなのかもしれませんね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

DJあおい

DJあおい

謎の主婦

ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人。
サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー
約15万人。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されていますが、その素
性はいまだ謎のままです。 Twitter ブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。