恋愛

ハグがキレイを作る?美へとつながる幸せホルモンとは?

ハグがキレイを作る?美へとつながる幸せホルモンとは?

大好きな人に抱きしめられると、落ち着いたり、幸せを感じたりして、絆も深まりますよね。とはいえ、日常生活でハグをすることが当たり前の欧米に比べ、まだまだ日本の文化には馴染みがなく、どうも照れがでてしまいます。でも、そんなハグには特別なうれしい効果があるんです!

触れ合うことで高まる愛情ホルモン

ハグやボディタッチ、セックスなどをすると『オキシトシン』というホルモンが分泌されるのはご存知ですか? 別名『愛情ホルモン』や『幸せホルモン』と呼ばれ、触れ合うことで分泌が高まります。このオキシトシンは、出産時の陣痛を促進させたりするのですが、愛情や信頼関係、絆を深める働きがあるということにも注目が集まってきています。

オキシトシンが分泌されるのはこんな時!

  • 触れ合う(ハグする、セックスやキスをする、手をつなぐ、頭をなでる、マッサージなど)
  • 感動する
  • 好奇心を持つ
  • 感情を素直に表す
  • 親切心を心がける
  • 見つめあう

抱き合ったり、手をつないだり、頭を撫でたりする度に、安心感や幸福感に包まれます。誰かにぎゅっと抱きしめられるとあたたかい気持ちになるのはオキシトシンが関係していたのですね。

スキンシップでストレス解消

オキシトシンは愛情や信頼関係を高め、安らぎを与えてくれるので、脳や心が癒されてストレス緩和にもつながります。ストレスは、活性酸素を発生させたり、血流を滞らせることでホルモンバランスの乱れにもつながります。活性酸素が必要以上に増えると、細胞の老化や、炎症を引き起こすため、肌あれや老化が進む原因に! またストレスから過食になりやすい方は、精神が安定することで食べ過ぎを抑え、結果的にダイエットに繋がることも。ストレス社会を生きる私達にとって、心のバランスや美容のためにもスキンシップは欠かせませんね。

また、恋人やパートナー以外にも、ペットを可愛がったり、動物に触れることでもオキシトシンは分泌されます。大好きな人やペットとハグして、毎日を幸せホルモンで満たしましょう♪ 触れ合い時間を作ることで日々のストレスを解消して心が安らぐだけでなく、美しさにも繋がりますよ。

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。