恋愛

好きな人へのメール返信は「早い=ベスト」ではない?

好きな人へのメール返信は「早い=ベスト」ではない?

 今や男女のコミュニケーションツールとして欠かせないものとなったメール。出会ったばかりの相手とお互いを知り合ううえでも、古くからの知人と改めて距離を縮めるうえでも、絶大な効果を発揮しますよね。

 でも、実はメールの失敗が原因で、せっかくの縁を壊してしまう場合もあるとか。電子メール利用歴も長い、恋愛アナリストのヨダエリさんに話を聞いてみました。

「女性がメールで失敗しがちなことのひとつは、返信のペース。返信が早すぎることが原因で、相手の男性のテンションが下がってしまうのは、本当によくあるケースです」

 厳密に言うと、早いのがダメなのではなく、相手よりも早いことが問題なのだそう。

 女性は好きな男性に対しては、とにかく返信が早く、文章も長くなりがち。相手も同じテンションならいいけれど、そうでない場合、男性はあなたをちゃんと知る前に「面倒だな」と感じ、やりとりを続ける意欲が喪失することもあるのだそう。

 そうならないために大切なのは、相手のペースに合わせること。たとえば、あなたが彼にメールを送り、数分のうちに返信があったなら、あなたも即座に返信をする。彼からの返信が3日後なら、あなたも3日後に返信をする。

 恋愛において、ペースが合うことは、スムーズに関係が進展して行くうえで、とても大切なポイント。それはメールにおいても同様で、返信ペースが合っている男女はカップルになりやすいのだそう。

 相手にとって何が心地よいかをくみ取って行動する女性は、魅力的。それができる女性はひときわ輝いて見えるのかもしれません!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。