恋愛

モテ系男子の本音は? 女性が送りがちな「面倒なメール」

モテ系男子の本音は? 女性が送りがちな「面倒なメール」

 「あのメール、送らなきゃよかったかも…」。知り会って間もない気になる男性に送ったメールについて後悔したことがある?と聞かれたら、ほとんどの女性が「ある!」と答えるのではないでしょうか。もちろん、メールだけでなく、LINEを使った個人間のやりとりや、SNSでのメッセージでもあてはまることです。

 出会いの初期段階では、どんなメールを心がけるべきなのでしょう? 現代の恋愛事情に詳しい、恋愛アナリストのヨダエリさんに聞いてみました。

「まだよく知り合う前に、女性が好意を抱いてしまう男性は、基本的にモテる人。つまり、女性のほうが「自分からメール送ってもいいかなぁ」「この書き方だと重いかな…」などと悶々としている時点で、相手は女性から“好かれ慣れている”と考えたほうがいい。そういう男性に送るメールは、半分手を抜くくらいがベストだと思います」

 いい例として、ヨダさんは、テレビ局勤務の男性(35歳)のコメントを紹介してくれました。

「男女数人での飲み会直後、メールを送ってきた女性がいたけど、正直面倒に感じました。自分から飲み会や遊びに誘うわけでもなく、でも近況報告のようなメールはちょくちょく送ってくる。一体どうして欲しいのかわからなくて」

 女性からしてみたら、誘ってほしくて何気ない話題のメールを送っているわけですが、モテる男性は「なんで俺が誘わなきゃいけないんだ」と思ってしまう。自分から誘いたいと思うほど気になっているわけではないし、そんなことをしなくても寄ってくる女性はいくらでもいるから。

「そもそも、女性はメールでのやりとり自体を楽しみますが、男性にとっては、口説きたい女性以外とのメールは用件を伝えるための手段でしかありません。なので、女性も相手の気持ちがわからないうちは、“会うまでの連絡ツール”だと考えたほうが面倒がられるのを防げます。二人で会う前から避けられてしまうのは、もったいないです!」

「気になるイタリアンの店があるんですけど、行きません?」くらいのライトなノリで誘ってみる。また、もし彼の趣味を少しでもリサーチできているなら、「○○さんて、SF映画好きですよね? 見てみたいなと思っている映画があるので、よかったらご一緒に!」など、テーマを絞り込む。そのほうが彼としても「別にデートじゃないし」と誘いに応じやすくなるかも。

 もし、断られたら、「残念。じゃあまた今度!」と明るく身を引く。するとモテ系男子は「あれっ、俺に気があるわけじゃないの…?」と逆に気にしはじめる可能性があるのだそう。メールで語りすぎないことが、モテ系男子と距離を縮める秘訣なのかもしれません!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。