恋愛

言い方によっては逆効果? モテ系男子のほめ方

言い方によっては逆効果? モテ系男子のほめ方

 気になるあの人へのアプローチ。あなたは何から始めますか? たとえば、相手を「ほめる」こと。デートに誘ったり告白するのに比べると実践しやすく、初期段階向けのアプローチと言えるかもしれません。

 でも、相手がモテる男性の場合、ほめ方に注意が必要なのだそう! 男女の本音に詳しい恋愛アナリストのヨダエリさんに話をきいてみました。

「まず、モテる男性は異性からほめられることに慣れています。ここが多くの男性と決定的に違うところ。ほとんどの男性は、異性から、いえ、異性に限らず、ほめられること自体に慣れていません。女性は女同士で気軽にお互いをほめ合いますが、男性は男同士でそんな会話を滅多にしないからです」

 つまり、女性にあまり縁がない男性なら、どこをどんなふうにほめたとしても、感激してくれたり、こちらを意識しはじめてくれる可能性が高い。ところが、モテ系男子の場合、異性にほめられるのは日常茶飯事なので、「またか」としか思わないのだそう。

「ただ、それはどこをどうほめるかによるんです」とヨダエリさん。

「たとえば彼がイケメンの場合。『いつもカッコイイですよね』『おしゃれだし、モテそう』と外見をほめたところで、彼の心は動きません。それどころか、この女性も自分の表面的なところしか見ていないんだな、と、あなたを"わかってない女"カテゴリーに入れる可能性大。ところが、『すごくまわりに気配りできる人ですよね』『実は芯が強いですよね』などと内面をほめた場合。彼は『えっ』と動揺します。ほかの女性が言わないこと、見てくれないところを、あなたが見てくれているように感じるからです」

 つまり、誰が見てもわかる長所をほめるのではなく、多くの人は言及しないであろう部分をほめる。これが大切なのだそう。「学歴や肩書でモテているのではないかと推測できる男性なら、そこについては一切触れず、彼の優しさや人望、ユーモアのセンスなどをほめてみては?」とヨダさん。

 これまで指摘されたことがない部分をほめられると、誰だって「そんなふうに言ってくれた人は初めてだ」と感動してしまうもの。それが、同じようなほめ言葉に飽き飽きしている場合なら、なおのこと。彼をよく見ている自分だからこそ言える、そんなほめ言葉を伝えてみて!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。