恋愛

【要注意】恋人に尽くしすぎると破局を招く?

【要注意】恋人に尽くしすぎると破局を招く?

 大好きな彼が喜んでくれるなら…そう思って、炊事に洗濯、家の掃除までこなし、相手に「尽くす」ことを怠らない女性っていますよね。

 一見、健気で彼思いの優しい彼女に見えますが、何事もやりすぎは禁物というように、あまりにもサービス精神が旺盛なのも考えもの。というのも、この「尽くしすぎ」が何かと男女の仲にヒビを入れる引き金となってしまうからだとか。

 過去に自分の「尽くしすぎ」が原因で、彼との関係が悪くなってしまったという女性に、その失敗談を聞いてみました。


「当時は『尽くせば愛される』、そして逆に、『尽くすことで、自分の愛情を表現できる』と思っていました。つき合った当初は、彼のために一生懸命ご飯を作ったりしていたのですが、いつしか彼にとってもそれが当たり前に。すると、見返りや『ありがとう』の言葉がないと自分の愛情が足りないのではないか、相手から愛されていないのではないかと不安な気持ちに駆られてしまいました」(20代金融)

「彼の脱ぎっぱなしの靴下を片づけてあげたり、食べ終わった食器を下げてあげたり、まるで母親のように彼に接してきました。でも、ある日突然彼に『尽くしてくれるのはうれしいが、正直その気持ちが重たい』と言われ、ショックを受けました。それまで彼が喜んでくれているだろうと思って、頑張ってきたのに…」(30代アパレル)

 相手に喜んでもらうはずが、「尽くしすぎ」のせいで逆に嫌われたり、自己嫌悪に陥ってはとっても残念です。さらに、それが彼へのプレッシャーになり、破局してしまうなんて、悲しすぎる結果と言えるでしょう。

 二人が恋愛関係にあるということは、あくまで対等な男女関係であることが前提です。時には、一歩引いて自分の彼への接し方を考え直してみることも大切なのかもしれません。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。