地域情報

ビタミン効果で夏バテ知らず!栄養満点 沖縄料理のススメ

ビタミン効果で夏バテ知らず!栄養満点 沖縄料理のススメ

© 沖縄観光コンベンションビューロー

ゴーヤーチャンプルー、ソーキソバ、海ぶどう......。食欲がなくなる夏に無性に食べたくなるのが沖縄料理です。肉や野菜、海藻、豆腐をバランスよく食べる沖縄料理は夏でもおいしい健康料理の代表格! そこで沖縄料理が夏に効く秘密を探ってみました。

まず沖縄料理になくてはならないのが豚肉。沖縄では豚肉をよく煮込み脂分を落として調理することが多いので、肉料理といえどもヘルシーです。さらに豚肉にはビタミンB1がいっぱい。ビタミンB1が不足すると疲れやすく夏バテしやすくなってしまうので、豚肉をしっかり摂れば夏バテ予防効果も期待できます。つけあわせの島らっきょうにはアリシンが含まれ、ビタミンB1の吸収を助ける働きも。

ゴーヤーチャンプルーの主役であるゴーヤーは沖縄野菜の代表格。ゴーヤーに含まれるビタミンCはなんとキャベツの4倍。しかもゴーヤーのビタミンCは過熱しても壊れにくいので、チャンプルーにして食べればビタミンCがたっぷり摂ることができるんです。

沖縄ではゴーヤーと並んでおなじみの夏野菜がナーベーラーです。へちまの一種で糸瓜と呼ばれる品種で、こちらもビタミン、カリウム、ミネラルが豊富でチャンプルーに味噌煮にと大活躍。さっぱりおいしいシークヮーサーはビタミンCやクエン酸が豊富で疲労回復に一役買ってくれそう。

暑い南国で食べられている沖縄料理には夏を乗り切る秘密がいっぱい。ちょっと夏バテ気味かな? と感じたら、沖縄料理や沖縄食材を積極的にとりいれてみて!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。