地域情報

夏限定 極上・絶品おにぎり 「ウニぎり」を食べてみない?

夏限定 極上・絶品おにぎり 「ウニぎり」を食べてみない?

南北に長い日本列島。当然北に行けば行くほど涼しくなります。夏こそ行きたい旅行先が北海道ですが、その北端に位置するのが稚内市。そこからさらに60キロほど西方に離れたところにある島が礼文島です。緯度が高いため、夏でもストーブが欲しくなる日があるというくらい涼しい礼文島では、高い山に登らなくても平地で高山植物を見ることができます。夏になると色とりどりの花が咲き乱れ、その美しさは「花の浮島」と呼ばれるほど。ここでしか見られない珍しい花も咲き、短い夏をいろどります。

そして礼文島で食べてみたい夏の名物が「エゾバフンウニ」。おおぶりでオレンジ色の身がぷっくりつまった夏限定の味覚です。ウニは昆布を食べて育ち、食べた昆布の味で味が変わると言われます。礼文島の海は北海道有数の昆布漁場。礼文島の良質な昆布を食べて育ったエゾバフンウニは、濃厚な甘みでとろけてしまいそうなおいしさ。しかもウニは保存のためミョウバンを入れると味が変わってしまうので、本来のウニのおいしさは現地でしか味わえないんです。

そんなエゾバフンウニを味わうなら、香深港フェリーターミナルにある「武ちゃん寿司」へ。「エゾバフン生ウニ丼(時価)」は一度食べたら忘れられない味になること間違いなし! もっと気軽にウニを味わいたい人におすすめなのが「うにぎりおにぎり(税込350円)」。エゾバフンウニかムラサキウニ(仕入れによって異なる)の塩ウニをつかったふんわりおにぎりをほおばれば贅沢な潮の香りが口いっぱいに広がります。

礼文島まではなかなか行けないという人は都内で「ウニぎり」を食べられる店もあります。たとえば渋谷にある「4番サード魚真」では焼きおにぎりの上にウニをたっぷりのせた「生うにむすび」が人気。熊本県天草の「丸健水産」では「ウニぎり」をコロッケにした「うにぎりコロッケ」の通販もあります。最果ての島を思い浮かべながら自宅で南国のウニの風味を味わうのもよいかも!?

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。