地域情報

シュワシュワ炭酸「ラムネ温泉」 飲んで浸かって疲労回復

シュワシュワ炭酸「ラムネ温泉」 飲んで浸かって疲労回復

ここ数年、美容に関心の高い女性の間で話題の「炭酸水美容」。炭酸美容飲料や炭酸パックなど、さまざまな炭酸美容アイテムが注目されています。秋の行楽シーズンにぜひおすすめしたい炭酸水美容といえば「炭酸泉浴」! 天然に湧き出る炭酸ガスが溶け込んだお湯に浸かることで、炭酸ガスが体内に吸収され血行をよくし、疲労回復や冷え性の解消などに効果があるといわれています。

日本有数の炭酸泉の地として知られているのが大分県の長湯(ながゆ)温泉。長湯温泉エリアには22カ所の日帰り温泉ができる施設や宿があり、300~1400ppmの炭酸泉と炭酸水素泉が混在しています。長湯温泉は「飲泉」を楽しめる温泉地としても知られています。マグネシウムやカルシウム、鉄分などが豊富に含まれた温泉水を飲むことで、胃腸病や便秘の軽減、美肌などに効果が期待できるそう。

長湯温泉のなかでも、もっとも炭酸らしいシュワシュワ感を味わえるのが「ラムネ温泉館」。九州の選りすぐりの温泉を巡るスタンプラリー「九州八十八湯めぐり」で、ランキング1位を獲得したこともある人気の温泉施設です。

「ラムネ温泉」はその名が示す通り1380ppmという高濃度の炭酸泉で、まるでラムネの中に浸かっているような強い炭酸を体感できるのが特徴。入浴すると、まるで小さな真珠のような泡が体中をびっしりと包んでいきます。少しくすぐったいような、気持ちいいような、何ともいえない体感はやみつきに。源泉掛け流しの新鮮なお湯で32℃とぬるめなので、ゆっくりと時間をかけて入浴を楽しむことができますよ。

「ラムネ温泉館」では「飲泉」を楽しむこともできます。施設内の飲泉所で楽しめるそうなので、トライしてみて。なお、飲泉は胃腸の動きを活発にするため、飲み過ぎは禁物。じっくりと噛みしめるように飲むのがコツなのだそうです。

秋も本番に入り温泉が気持ちいい季節。浸かって、飲んで、温泉を十二分に堪能してみてはいかが?

写真提供元:ラムネ温泉

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。