地域情報

縁結びの前にまずは悪縁バッサリ 関西強力縁切りスポット3選

縁結びの前にまずは悪縁バッサリ 関西強力縁切りスポット3選

嫌味ばかりの上司に空気を読まない後輩、惰性でつきあっている彼氏、本音では離れたい女友達...。日々、悩まされるような人間関係ならこの際、バッサリ断ち切って新しい良縁を呼び込むほうが正解! そんなアナタの強い味方、関西エリアで効果抜群と評される縁切りスポット3カ所をご紹介しましょう。

◆縁切りの後は石をくぐって縁結び

京都市東山区にある「安井金比羅宮」は、「断ち物の祈願所」として江戸時代から信仰されている由緒正しき縁切り神社。まずは「形代(かたしろ)」と呼ばれる身代わりの御札に、切りたい縁はもちろん、結びたい縁もしっかり書きましょう。本殿を参拝し、高さ1.5m、幅3mの巨石(写真)の真ん中の穴を表からくぐって往復。最後に巨石に形代を貼れば祈願終了。悪縁を切り、良縁を結ぶご利益で、不思議と心もスッキリ!

◆婚儀の前に通ってはならぬ縁切り石

京都市中京区の「法雲寺」東側に祀られた「菊野大明神」。ほこらにご神体の「石」があり、この石の前を通るカップルは別れてしまうという言い伝えから、縁切りスポットとして話題に。護摩木(冥加料300円)に願いを書いてお供えを。ほこらの周りをぐるぐる回るとご利益があるとか!

◆縁切りと縁結びの神様がいっしょに

大阪市天王寺区にある「持明院」も女子に人気の縁切りスポット。じつはこちら、縁切りの神様「橋姫大明神」と縁結びの神様「卯之日大明神」が祀られたありがたいお寺で、とくに男女の縁にご利益が高いといわれます。まずは「持明院」にお参りをするのが通例だそう。「生国魂神社」の参道にあり、必ず右側の「橋姫大明神」を参拝して縁を切ってから、「卯之日大明神」に縁結び祈願をするのがポイント。

悪縁断ちというと少々聞こえが悪くても、「縁切り」は最大の「縁結び」祈願ともいわれますよ。初詣にお参りしてもいいかもしれませんね。ポジティブな気持ちで悪縁はバッサリ! 来年こそ新しい縁を呼び込んで素敵な年にしたいもの!

写真提供:安井金比羅宮

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。