地域情報

タウリン、鉄分豊富 ご当地「オイスターロード」で牡蠣三昧の旅

タウリン、鉄分豊富 ご当地「オイスターロード」で牡蠣三昧の旅

生もいいけれど、アツアツの焼き牡蠣もたまらない! 旬を迎えた牡蠣の名産地、広島や鳥羽、北九州地区では、冬の風物詩「牡蠣ロード」がいよいよ熱く盛り上がっています。海沿いの道などに、とれたての牡蠣をその場で料理して食べられる「牡蠣小屋」が点在。店にもよりますが、1kg(10個前後)1000円くらいから食べ放題まで、新鮮なうえに、ご当地価格で心おきなく味わえるのが何よりの魅力。3大産地の牡蠣にはそれぞれ特徴があるので、食べてみたい牡蠣を目指してご当地牡蠣ロードを訪ねれば、いっそう至福!

◆広島県~生産量日本一の絶品牡蠣!

牡蠣名人が絶妙なタイミングを計って水揚げするという広島の牡蠣は、大粒で甘みが濃厚。旬のこの時期は、県内各地に牡蠣小屋が登場します。広島市南区宇品海岸の広島みなと公園内にある「かき小屋宇品店」は、安くておいしい焼き牡蠣で行列が絶えない人気店。今シーズンは、呉市の呉ポートピアパーク内にも系列店がオープン。焼き牡蠣とともに、地元の海鮮もいろいろ楽しめますよ。

◆三重県鳥羽市~太平洋の名産地といえば南鳥羽の浦村

海水と真水が混ざる、牡蠣にとって最高の環境といわれる浦村湾(うらむらわん)。成長が早く、新鮮で臭みのないことが特徴の「浦村かき」は、生でもおいしさが際立ちます。一帯には牡蠣小屋が点在。浦村町の食べ放題で人気を誇る「与吉屋」では、薪火の焼き牡蠣や牡蠣ご飯とともに「浦村かきドッグ」をチェック! 牡蠣とチーズをベーコンで巻いたフライ入りで、鳥羽市推薦のご当地グルメ『とばーがー』のひとつに認定されました。浦村町から伊勢神宮までは車で約50分。セットで冬の旅を計画してみては。

◆福岡県北九州市~地元が誇るブランド牡蠣「豊前海一粒かき」

栄養豊富な北九州の豊前海(ぶぜんかい)で育ち、殻つきのまま売られる「豊前海一粒かき」。上質でぷりぷりと粒が大きく、とろりとした舌触りがやみつきになると評判! 北九州市の門司区~小倉南区間、おもに周防灘沿岸を走る道路に「カキロード」ののぼりが立つ牡蠣小屋や直販店が点在します。毎年、全国のリピーターから注文が殺到するというから、一度は食べてみたい! この冬は1月にかけて食べごろだそうです。

「海のミルク」ともいわれ、アミノ酸の一種であるタウリンや鉄分豊富な牡蠣は、女性の元気とキレイの強い味方。おいしくたっぷり満喫できる牡蠣の旅へ出かけてみませんか?

写真提供元:Tsuboya-Fotolia.com

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。