地域情報

住んでいても意外と知らない 首都圏エリアの伝統スローフード

住んでいても意外と知らない 首都圏エリアの伝統スローフード

地元の食文化を守ろうと最近、全国各地で伝統的な郷土料理が見直されています。ところが都市部になると、なかなかピンとこないもの。地元在住でも普段、食べる機会があまりないかもしれませんね。そこで、今回は農林水産省選定「郷土料理百選(R)」に選ばれている首都圏4県の伝統スローフードをご紹介しましょう。

◆千葉「太巻き寿司」

カラフルなデザインが楽しい千葉の郷土料理「太巻き寿司」(写真)。江戸の台所といわれた千葉。その豊かな食に感謝し、お祝いのごちそうとして冠婚葬祭や地域の集まりなどで作られたお寿司です。卵焼きやのりで酢飯、季節の野菜や魚を巻き、花や動物などの絵柄を色鮮やかに描くのが特徴で、家ごとに昔から伝わる太巻きがあったそうです。

◆東京「深川丼」

江戸前のあさりやはまぐりに、ねぎ、油揚げなどを加えたおみそ汁をご飯にかけるのが「深川丼」。かつては海に面し、あさりの好漁場だった江戸川区深川。漁師が船上でさっと食べられる栄養食として生まれ、庶民に人気の味でした。現在も清澄白河や門前仲町付近の料理店でいただけますよ。ちなみに、あさりの炊き込みご飯「深川めし」も同様に親しまれた郷土料理です。

◆神奈川「かんこ焼き」

春は山菜、秋はきのこなど、地元の四季折々の食材を小麦粉の皮に包んで焼いた「かんこ焼き」。相模原市津久井地区に江戸時代から伝わり、稲作に不向きな山間地で、ご飯の代用に食べられていました。現在でも、地元の素朴なおやつとして作られるそう。

◆埼玉「冷汁うどん」

実は、うどん生産量、そば・うどん店の数ともに、香川につぐ本州随一の「うどん国」である埼玉。味噌とごまをすり、きゅうりなどの野菜、しそなどの薬味、だし汁を加えた冷汁につけて食べるうどんは、農作業の合間の栄養食だったそう。比企郡川島町地域では「すったて」とも呼ばれ、「第6回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」で優勝も獲得した、古くて新しい郷土料理です。

どんなに都市化が進んでも、その土地に歴史あり、郷土料理あり! 自分の暮らす土地や近郊の伝統の味は、やはり一度は味わっておきたいものですね!

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。