地域情報

昔は男子禁制だった 沖縄最高の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

昔は男子禁制だった 沖縄最高の聖地「斎場御嶽(せーふぁうたき)」

寒い季節になると、暖かいリゾート地への憧れがつのるもの。国内の女子旅で、圧倒的人気のリゾート地といえば、やはり沖縄。美ら海(ちゅらみ)とともに、はるか昔から大切に守られてきた聖地が数多く存在することでも、人気は年々、高まるばかりです。なかでも、琉球王国最高の聖地とされ、最もパワーがあるといわれているのが「斎場御嶽(せーふぁうたき)」。2000年12月には「琉球王国のグスク及び関連遺産群」のひとつとして、首里城跡などとともに世界文化遺産に登録されました。

この琉球の国づくり神話にも登場する「斎場御嶽」があるのは、沖縄本島南部の東海岸エリア、南城市。「御嶽(うたき)」とは、祭祀を行う聖地を意味しますが「斎場御嶽」は、琉球の始祖「アマミキヨ」がつくった「七御嶽」のひとつとされ、琉球信仰のもっとも名高い女神「聞得大君(きこえおおきみ)」の就任儀式も行われた地。深い緑や岩々に囲まれ、自然の霊気を体感できる神秘の聖地は、今なお沖縄の人々に崇拝される特別な場所です。この斎場御嶽を訪れたことで、恋愛が成就した、いい結婚相手に巡り会えた、子宝に恵まれた...といった女性もいるよう。

「斎場御嶽」内には6つの拝所があり、なかでも岩がトンネルのように重なった「三庫理(サングーイ)」(写真)は、有名なスポット。奥へ進むと、神の島と呼ばれる「久高島(くだかじま)」を海の彼方に望めるので、こちらも忘れずにチェックを。

かつて、この「斎場御嶽」は、女神しか入ることが許されなかった男子禁制の場所でした。王でさえ、参道の入り口までしか近づけなかったと伝承されています。女性だけの特別な聖地は、やはり女子旅でもハズせないスポットのひとつ。清らかな心とマナーを忘れずに訪れましょう。

入場料200円(資料館「緑の館」入場料込)、入場時間9:00~18:00(最終入場17:30)。ただし、自然保護や聖地としての静寂さを確保するために年2回の休息日(2014年11月22日(土)~24日(月)、2015年は要確認)が設けられています。

写真提供:沖縄県南城市

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。