地域情報

そっと差し出せば、九州男児が思わずコロリとくるご当地おやつ

そっと差し出せば、九州男児が思わずコロリとくるご当地おやつ

「このおやつ、知っとっと?」「お~懐かしかね!」。九州弁を使ってそっと差し出せば、思わず九州男児の彼とこんなほのぼの会話が弾んでしまう、懐かしローカルおやつを3つご紹介しましょう。九州出身の彼のノスタルジーを絶妙に刺激すること間違いありませんよ。

◆実は九州生まれな「チロルチョコ」

すっかり全国区のチロルチョコですが、創業は明治36年、福岡県の現・田川市。立派な九州懐かしおやつなのです。チロルチョコといえば、おもしろアイデアが魅力。最新作は「メガクリスマスハウス」。箱を開けるとドールハウスになっていて、中のパーツを組み立てて遊ぶこともできるのだそう! 3mある超ロングモール吊り下げに、定番人気の〈コーヒーヌガー〉〈ミルク〉〈ビス〉の3種類のチョコが入っています。九州男児を誘って、作ってみては?

◆熊本県人のど定番「いきなり団子」

九州産のさつまいもと小豆あんを生地で包み、蒸した熊本伝統の昔ながらのおやつ。できたてはホクホク、アツアツと甘みも食感もたまらなく美味! この「いきなり団子」の店が軒を連ねる熊本。「肥後屋」は地元出身の芸能人も御用達という、人気を誇るいきなり団子専門店です。地元産の厳選したさつまいもを使い、あんとおいもを3層構造にすることで、バランスのいい甘さに。ほんのり塩味がきいた生地にも絶妙にマッチします。ところで、なにが「いきなり」なのか、気になりますよね。来客があっても「短時間でいきなり作れる」という説、「いきなり」は古い方言で簡単という意味があり、素朴で簡単に作れるお菓子という意味もあるとか。熊本県のソウルスイーツです。

◆宮崎のスターおやつ「ヨーグルッペ」

昭和60年(1985年)に誕生した乳酸菌飲料、ヨーグルッペ。ロングセラーの秘密はほんのり酸味とコクのある味。ヨーロッパで培養された3種混合菌(ビフィズス菌・サーモフィルス菌・アシドフィルス菌)のマイルドな酸味と、熱処理により牛乳中のタンパク質と糖が反応して生まれる独特のコクと色。乳酸飲料というと白い飲みものをイメージしますが、ヨーグルッペは茶褐色なんです! 九州人で知らない人はいない、子どもから大人まで大好きなドリンク。社内公募で決まったというネーミングセンスも脱帽!

女子旅で九州を訪れたら、まずはしっかりご賞味。さらに地元愛ひとしおの九州男児に、そっとお土産として差し入れましょう! 彼はもちろん、上司や同僚の九州男児にもぜひ。

写真提供:肥後屋

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。