地域情報

「モテ陶器」も!北欧雑貨の次はコレ 東欧・ロシア雑貨を先取り

「モテ陶器」も!北欧雑貨の次はコレ 東欧・ロシア雑貨を先取り

女子から根強い人気を誇る「北欧雑貨」ですが、「その次に来る!」といわれているのが、ロシアをはじめとした旧共産圏といわれる国々の雑貨です。なんとなく男っぽいイメージもありますが、ラトビアのミトン、ハンガリーの刺繍など、実はかわいい雑貨の隠れた宝庫。「雑貨ハンター」を自認する女子ならマストチェックですよ。そんなあなたのために東京と関西でのおすすめ店を紹介します。

ヨーロッパ雑貨店「Mitte(ミッテ)」は、東京大学本郷キャンパスの近く、隠れ家のようなレトロビルの4階にあります。北欧雑貨と並ぶ同店の主力商品はズバリ、旧共産圏の雑貨。ロシア、チェコ、ポーランド、ハンガリー、旧東ドイツ......。博物館的な楽しさも漂う国別のレイアウト。世界旅行気分でデートの会話もはずみそう。

オススメは、古いものの良さを残しつつも使いやすくおしゃれにデザインされた現行品。なかでもイチ押しはポーランド陶器、別名「モテ陶器」です! スタンプによる絵付けのかわいさはもちろん、オーブン料理が驚くほどおいしく仕上がるなど実用面でも優等生。彼と二人きりのおうちディナーで活用すれば、株が上がること間違いナシ! さりげなくペアのポーランド陶器マグカップをコーディネートしてみるのもいいですね。

男子向けのプレゼントでは、エストニア製の再生紙ステーショナリーが売れ筋とか。ソ連時代のヴィンテージカードを添えるなど、小ワザもプラスして。また、クリスマスデートを彩るおしゃれ小物には、ブルガリア刺繍を取り入れた日本人デザイナーのバッグを。顔映りが良く、持っているだけで不思議とかわいく見えてしまうスグレモノです。

旧共産圏の雑貨を扱う人気店はほかにもあります。兵庫県尼崎市の「ISKRA(イスクラ)」は、女性店主が自ら現地で買い付ける当時のヴィンテージ雑貨が魅力。一つひとつのアイテムにストーリーが感じられ、お手頃価格なのもうれしい。また、ロシアのセンスの良いヴィンテージ絵本を扱う岩手県奥州市の「ふぉりくろーる。」は、ぬいぐるみやソフビ人形、バッジなどのかわいいロシア雑貨も豊富で、女子ファン急増中です。両店ともネット販売にも力を入れているので気軽にチェックを。

素朴でありながらキッチュで、どこか懐かしい旧共産圏の雑貨。この冬、ひと足先にゲットしちゃいましょう!

写真提供元:Mitte(ミッテ)

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。