地域情報

定番美容アイテム炭酸水 冬に飲みたいオススメご当地サイダー

定番美容アイテム炭酸水 冬に飲みたいオススメご当地サイダー

冬の楽しみ、お風呂でじっくり温まったら、湯上りは腰に手を当て、シュワーッとさわやかなサイダーを1本! のど越しも心地いいですよね。せっかくなら、ちょっとこだわりのサイダーで至福の1本を楽しんで。全国の「ご当地サイダー」のなかでも、ユニークな注目株をご紹介。ハマる女子も続出ですよ!

◆兵庫県 ~明治時代に日本で初めて作られた有馬の復刻サイダー

兵庫県の有馬片山幹雄商店が販売する「ありまサイダー てっぽう水」は、有馬に湧き出る炭酸水がベース。炭酸強めが特長で、栓を抜くときの「ぽんっ」という音が鉄砲に似ていることで「てっぽう水」と名づけられました。こちらは1908年に誕生した歴史あるサイダーの復刻販売。レトロ気分も味わいです。

◆埼玉県 ~ダジャレ? いいえ長く愛されるサイダーを目指して

埼玉県さいたま市北区盆栽町。ここの地サイダーはその名も「大宮盆栽だー!!」。開発者の熱い思いが込められたこのサイダーは、ぜひ「盆栽を愛でるように」味わいましょう。盆栽といえば「見立て」が重要であるように、サイダーも自分流の見立てで楽しんで。ミントを浮かべたり、柑橘フルーツを絞ったり、お酒を割って飲む楽しみ方もあります。甘さを控えた「盆栽だー!!」はどんなアレンジもOK!

◆沖縄県 ~石垣の熱いパッションを込めた初の地サイダー誕生!

沖縄県石垣島からは「パッションサイダー」をご紹介。パッションフルーツ1個分の果汁が入った、人工の香料は一切使わない、パッションフルーツの風味にこだわったサイダーです。開発したのは、石垣でトロピカルフルーツを製造している川平ファーム。その上質でフレッシュなおいしさに、全国から問い合わせが殺到しているそう!

◆香川県 ~瀬戸内、小豆島の太陽の恵みをサイダーに

香川県小豆島はオリーブの産地として有名。日夜、オリーブオイルを製造している小豆島「オリーブ園」で、新たな定番商品をと開発されたのが「オリーブサイダー」です。オイル入りというわけではなく、オリーブの実からオイルを採った後の果汁がサイダーの原料に。淡いオリーブグリーンの色がならではで、甘さは控えめ。青りんごのようなフレッシュな香りも上品です。

炭酸水は血管を拡張して血行を促し、酸素もたっぷり供給してくれる、今や定番の美容アイテムのひとつ。ご当地炭酸水のサイダーは、シュワシュワ感とともに作り手の思いもしっかりこもってます。お風呂上りの楽しみとキレイ習慣にぜひ!

写真提供元:(C) japolia-Fotolia.com

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。