地域情報

ビジュアル系「生八ッ橋」に出会える京都「nikiniki(ニキニキ)」

ビジュアル系「生八ッ橋」に出会える京都「nikiniki(ニキニキ)」

季節感や美しさ、味のこだわりと、お菓子の粋を極めるのが京都スイーツ。そんなお菓子のメッカで、最近、昔ながらでいて新しいという話題のお菓子があります。それは、いわずと知れた「八ッ橋」。やわらかな独特のおいしさをそのままに、ひと目みたら買わずにいられないほど愛らしく大変身! スイーツ好き女子に今、話題沸騰です。

その発信源は、京都・四条西木屋町の「nikiniki」。八ッ橋の新しい食べ方を提案するために誕生した、聖護院八ッ橋総本店の新ブランドです。オープンは2011年ですが、その見た目、味ともにますます進化中。京都四条通りに面したショップは、立派なパティスリー。ショーケースには、見慣れた三角形の八ッ橋はありません。季節やイベントをモチーフにした、カラフルでポップな女子好みの「かわいい八ッ橋」がずらり。

なかでも生菓子は、季節ごとにさまざま! 日本の伝統行事や季節の風物詩ほか、バレンタインイメージなど、洋風モチーフが登場するのも人気の秘密。シーズンごとにアレンジが増して、どんどんキュートになっていくと京都女子にも話題を呼んでいます。

もうひとつの看板商品は、オリジナルフレーバーの「カレ・ド・カネール」。使われる生八ッ橋は、定番のニッキに加え、抹茶やセサミ、シナモン、ロゼなど、色合いも華やか。あんは定番の粒あんや季節素材のあんがあり、さらにレモンやイチゴ、トマトのジュレ、きんぴらごぼうまで! 生八ッ橋に合うよう、コンフィ(砂糖漬けのフルーツ)にアレンジされた食材を組み合わせ、カップに好みの「生地+あんまたはコンフィ」を盛って、ケーキやパフェの感覚で楽しめる仕掛けです。口に入れると生八ッ橋ならではのニッキの風味とともに、あんやコンフィで初体験のおいしさ。おみやげのほか、カウンターでイートインする場合は、生八ッ橋を花のような形に仕上げてもらえますよ。

ていねいな菓子職人の仕事に、新しい遊び心をプラスした新感覚の八ッ橋。つぎに京都に行ったら、まずは食べてみて! スイーツ好きの女子友みやげにもぜひ。

写真提供元:nikiniki *画像は今年発売商品とは異なります。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。