地域情報

開放感満点! 寒い冬は室内でアウトドア料理を楽しもう

開放感満点! 寒い冬は室内でアウトドア料理を楽しもう

開放感あふれる空の下で、自分たちで作って食べるプロセスが楽しいアウトドア料理。だけどまだまだ寒いこの時季、屋外はちょっと辛い...という方におすすめしたいスポットをご紹介します。

まず、寒い冬でも室内でBBQが楽しめるのが東京・二子玉川の「セルフグリル かき小屋ゲッコ」。再開発でにぎわう二子玉ライズ方面に出て、川沿いを歩くこと約7分。突然現れる、うっそうと繁る木の陰に建つ不思議な一軒家。プレハブの建物にあるような外階段を使って2階へ上っていくと、アフリカンテイストの室内テラス席。さらに上に行くと、多摩川が一望できる屋上テラス席が。天候に応じて屋根状のテントが張られるので、雨の日や日差しが強い日でも楽しめます。

おすすめのポイントは、何といっても、手ぶらで行って好きな食材を購入し、自分たちで焼くセルフグリルスタイルなこと。食材は旬の海鮮から、肉類、カット済み野菜、おつまみまで、豊富に揃っています。全国各地の漁港や農家から直接仕入れているため、格安価格で食材を提供できるそうです。持ち込み料を払えば、好きな食材や飲み物を持ち込むこともできます。冬の名物は、バケツ1杯約1kgもの焼き牡蠣(冬季限定)。網焼きすると、プリップリ、海のミルクたっぷりの牡蠣がお腹いっぱい味わえます。室内だけど、屋外のようなラフな雰囲気なので、大人数のグループで盛り上がるには最高なのです。

もう1店、アウトドア気分をのんびりと味わいたい方におすすめなのが、東京・水道橋のカフェ「ベースキャンプ」。神田川の見える店内は、山の中のロッジのよう。カフェとはいえ、料理は本格的です。ランチには特製牛すじカレーや野菜たっぷりのスープセットなど。夜には自家製の燻製やダッチオーブンで作った鶏の丸焼き(要予約)など。いつ行っても、がっつり食べて飲んで元気になれる、心のベースキャンプになるカフェです。味噌づくりをしたり、本当にキャンプに行ったりと、部活のようなイベントも人気です。

季節を問わず、アウトドア気分を楽しめる店は、なぜかいつもよりお腹がすくから不思議。
みんなで盛り上がるもよし、ランタンの灯りに和むのもよし、いつもと違うひとときをどうぞ。

写真提供元 : セルフグリル かき小屋ゲッコ

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。