スキルアップ・マナー

これって正しいの? 食事のマナーQ&A

これって正しいの? 食事のマナーQ&A

 その人の品格まで問われてしまいそうな、食事のときのマナー。結婚式など晴れの席ではもちろんのこと、取引先との会食、友だち同士の食事でも、間違っていたら恥ずかしいものですよね。でも、実は勘違いしているマナーってけっこうありそうです…。

 そこで、マナースクールの元講師である、今田小夜子さんに、間違いがちな食事のマナーについて、いくつかの質問してみました。

Q1 乾杯の時は、グラスをぶつけ合って音をたてるもの?
A1 フォーマルな席では、繊細なグラスを傷つけないためにも、ぶつけ合うのはNG。乾杯の時は、グラスを目の高さに上げて周囲の人と目礼を交わしましょう。

Q2 和食をいただく際、汁物やボロボロとこぼれやすいものは、片方の手を受けるように添えてもよいの?
A2 よく見られる光景ですが、これも実はNGです。和食では、手の中に収まる器は持って食べるのがマナー。手ではなく小皿で受けるようにしましょう。器や皿が大きい場合は、懐紙を受け皿代わりにするのもエレガントですよ。

Q3 パン皿がないときは、テーブルクロスの上に、直にパンを置いてもいいの?
A3 不衛生に思う人もいるかもしれませんが、これはOKです。パン皿がない場合、メインの皿に置くのはマナー違反。テーブルクロスがかかっていれば、テーブル全体がお皿であるという考え方で、メインディッシュの左横に置くのが正しいマナーです。

「意外!」と思ったこともあったのでは? 基本的なマナーをしっかり身につけて、装いだけでなく、食べるときも優雅に品よく、すてきな女性を目指したいものですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。