スキルアップ・マナー

勘違いしがち? 玄関先で靴を脱ぐときの正しい作法

勘違いしがち? 玄関先で靴を脱ぐときの正しい作法

週末や休日に開催される、ホームパーティー。あなたも友だちの家に遊びに行くことがきっとあるでしょう。

 家を訪問し、玄関で靴を脱ぐとき、ふと「こんなとき、どうやったらスマートなのかしら?」と思ったことはありませんか。この“靴を脱ぐ”という行為にも、マナーがあるんです。

 マナースクールの元講師である、今田小夜子さんに、勘違いしがちな靴を脱ぐときのマナーについて聞いてみました。

「まず、玄関先で正式なあいさつはいりません。あいさつは部屋へ通されてから行うのがマナーです。 玄関に入りドアを閉めるときは、斜め後ろを振り返るような感じで、そっと閉めることを心がけましょう。 家を訪問するということは、靴を脱ぐことが前提ですね。脱いだり履いたりするのに手間がかかるデザインの靴で行くことは避けたほうが無難。玄関先で戸惑わないためには賢い選択ですよ」

 季節柄、ブーツということは少ないにしても、ストラップの着脱に時間のかかるサンダルはやめたほうがいいかもしれませんね。

 まずは、靴を脱ぐときの基本マナーから。玄関に上がるときに、後ろを向いて靴を脱ぐのはNG。脱いだ後の靴がそろっているので、ていねいな感じがしますが、実は反対です。それは、相手にお尻を向けることが失礼にあたるから。前向きのまま靴を脱ぎ、スリッパに足を通します。このとき、「おじゃまします」とか、「失礼します」などと、ひと言添えると感じがいいですね。その後、しゃがんで、靴を反対にそろえ直すといいでしょう。

“お宅訪問”以外の場面でも、このマナーを活用してみてください。たとえば、お座敷での宴会に出席する場合。ちょっとしたことですが、きちんとできていると、それを見た人のあなたへの印象は確実によくなるはず。

 美しく靴を脱ぐコツを習得しておけば、玄関先であわてずにすみますね。ぜひ、参考にしてみてください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。