スキルアップ・マナー

食事の作法、あなたは大丈夫? きれいに見せるコツ

食事の作法、あなたは大丈夫? きれいに見せるコツ

  あなたは食事中も美しさをキープしていますか? そう、食べるときのマナーに関するお話です。一緒に食事をする人は、相手の食べ方、その他の振る舞いを自然と見ているもの。

 働く30代の女性に食事の時間をきれいに演出するコツを教えてもらいました。

「和食なら、箸の持ち方がきちんとできていることが基本だと思います。目標は、焼き魚や煮魚をきれいに食べられることですが、まだまだ修業中です」(30代広告)
「自分のひと口サイズをちゃんと見極めて、適量をスプーンやフォークに乗せて口に運ぶときれいに見えます。乗せすぎて途中でこぼれたり、口の中がいっぱいになったりするとかっこ悪いので」(30代出版)
「清潔感のある身だしなみとスマートな振る舞いを大事にしています。食事中は髪が顔にかからないようにしたり、食後は残ったものをお皿の端にまとめたり。ちょっとした気遣いで印象がグッと変わると思います」(30代損保)

 ここさえ押さえておけば"とりあえずOK"という基本のテーブルマナーを、マナースクールの元講師である、今田小夜子さんに聞いてみました。

●姿勢は背筋をまっすぐにして、きちんと座る
●口の中に食べ物を入れたまま話さない
●音を立てて食べない
●箸やスプーン、フォークなどを振り回さない
●口の中を触らない
●口の中の食べ物を飲み物で流し込まない
●無言でひたすら食べることは避ける
●ひじをついて食べない
●お皿の上の料理をすべて一口サイズに切り分けない
●黙って席を立たない

 すべてあたりまえのことですが、意外とできていない人もいるそうですよ。この機会にぜひチェックしてみましょう。

 大事な彼や目上の人との食事で、相手をがっかりさせないように。基本的なマナーは押さえておいて損はありませんね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。