スキルアップ・マナー

クラシックコンサートのマナー 服装は? 拍手のタイミングは?

クラシックコンサートのマナー 服装は? 拍手のタイミングは?

  夏が終われば、食欲の秋、読書の秋、芸術の秋...。今年の秋はクラシックコンサートに出かけてみませんか? クラシックのコンサートと聞くと、敷居が高いと感じてしまう人もいるかもしれません。でも、ちょっとしたマナーを押さえておけば大丈夫。

●どんな格好で行けばいいの?

ドレスコードがなければ、とくに決まりはないので、コンサートホールの雰囲気やシートのグレードが目安になります。場慣れするまでは、きちんとした""お出かけスタイル""で行けば、気後れせずに楽しめるでしょう。ただし、動くと音がしてしまうようなアクセサリーはNGです。ピンヒールも体勢を変えるときに音が響きやすいので注意しましょう。

●どれくらい前に到着しておけばいいの?

会場へは時間に余裕を持って出かけて。大きな荷物や音がしそうな紙袋などは、クロークへ預けます。もし、開演時間に遅れてしまったときは、会場にいるレセプショニストに声をかけて、タイミングのいいときに席に案内してもらいます。

●客席での基本的なマナーは?

客席では、携帯電話やスマートフォンは、マナーモードではなく、必ず電源をオフにして。演奏が始まったら、会話はストップ。また、初心者は演奏を聴きながらプログラムの解説を読みたくなってしまうものですが、ページをめくる音は意外と気になってしまうので、あらかじめ目を通しておきましょう。

●拍手のタイミングは?

最後に、曲が終わったときの拍手のタイミングについてもお伝えしておきましょう。オーケストラなどの場合、1つの曲がいくつかの楽章に分かれていて、初心者には楽章と楽章の合間なのか、曲の終わりなのかの区別がつかないこともあります。楽章の合間には拍手をしないのがマナーとされているので、タイミングに自信がないときは、まわりの人に合わせるのが無難でしょう。

 これからは、クラシックの公演が増えてくる時季。ぜひ、ホールでの演奏を楽しんでくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。