スキルアップ・マナー

冠婚葬祭の場で役立つ「パール」 知っておきたい慶弔マナーとは?

冠婚葬祭の場で役立つ「パール」  知っておきたい慶弔マナーとは?

 間もなく秋のブライダルシーズン。結婚式やパーティーの予定を控えている人もいるのでは? フォーマルな場で役立つジュエリーといえば、パールのネックレス。結婚式などのよろこびの席にも、葬儀などの悲しみの席にも身につけられるので、持っていると重宝します。ただし、慶事と弔事とではマナーが変わるので、ぜひ覚えておきましょう。

 真珠には色や大きさ、形など、いろいろな種類がありますが、初めてのパールなら、慶事にも弔事にも使えるとされる基本的なホワイトパールの真円を選ぶといいでしょう。粒のサイズは直径7~8ミリ程度、ネックレスの長さは「プリンセス」と呼ばれる40センチ前後が目安です。

 結婚式や披露宴で身につけるときは、昼間はパールのネックレスを重ねづけしたり、真珠のピアスやイヤリング、指輪をセットでつけると上品な華やかさを演出できます。一連のパールのネックレスにコサージュを添えるのもいいですね。夜は少しエレガントに、パール以外のジュエリーとの重ねづけもOKです。ただし、主役の花嫁より華美にならないように配慮を。また、黒一色の装いに一連のパールのネックレスの組み合わせは、悲しみの席を連想させるので、避けたほうがいいでしょう。

 葬儀や告別式などでは、基本のホワイトパールのほか、ブラックパールが悲しみを表現するのにふさわしいとされています。地域や葬儀の流派などによってマナーが異なる場合もあるので、参列する前に確認はしておきましょう。また、悲しみの席では「不幸が重なる」といわれるネックレスの重ねづけはタブーです。

 カジュアルなパーティーや日常使いでのパールなら、ピンク系やゴールド系、そのほかのカラーパール、しずく型のドロップや個性的な形のバロックなど、デザイン性の高いものも素敵です。

 真珠は慶弔ともに使えるすぐれたジュエリー。マナー違反にならないようシーンに合わせて、アレンジしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。