スキルアップ・マナー

結婚式の招待状を受け取ったら…返信のマナーをおさらい

結婚式の招待状を受け取ったら…返信のマナーをおさらい

 秋のブライダルシーズン。週末、友人や同僚の結婚式に出席する人も多いのではないでしょうか。

 式の案内は郵送で受け取るのが一般的。送られてきた招待状に返信をする形で出欠の連絡をします。お祝いの気持ちもこめて返事を出したいものですが、その書き方に自信はありますか? 招待状の返信にはお祝い事ならではのコツがあるんです。さっそくご紹介しましょう。

 まず招待状の葉書がきたら、できるだけ早く返信するのがマナー。自分が新郎新婦の立場だったら、すぐに出席の連絡をもらえるとうれしいですよね。返信の期限はだいたい1週間以内が目安です。ただし、欠席の場合はすぐに返信してしまうと失礼に当たる場合も。まずは電話で出席できない理由や「できるだけ調整したい」という旨を伝え、その後時間を空けて改めて葉書で連絡するようにしましょう。

 次に葉書の書き方のマナーをおさらいします。お祝い事ですので使うインクは必ず「黒」に。毛筆もしくは万年筆で書くのが正式ですが、書き慣れたボールペンなどでもOKです。返信用の葉書にはあらかじめ「御出席」「御欠席」「御芳名」など「御」や「芳」の文字が使われていますので、これらは斜線もしくは二重線で消しましょう。また、斜線などの代わりに上から「寿」の文字を「御」や「芳」の字の上に書くという方法もあります。こうして字を消すと、一層おめでたく華やかな感じになります。

 必要な内容を書き込んだら、受け取った相手のことを考え、余白にメッセージを添えるのがよいでしょう。出席する場合は招待への感謝の言葉と「○○さんの花嫁姿を楽しみにしています」などの言葉を。また、「お祝い事には終止符を打たない」という理由で句読点を使わずに気持ちを伝えるとよりスマートです。

 欠席の場合にもメッセージを添えるのを忘れずに。お祝いの言葉を書き込んだら、当日出席できない理由を一言添えておきましょう。仕事や家の事情で都合がつかないなど、具体的な理由を伝えるといいですね。ただし、ほかの結婚式や忌事と重なってしまったときには、理由ははっきりとは書かないのがマナー。「やむをえない事情があるため」「先約がありますため」などの言葉を使って欠席する旨を伝えましょう。

 晴れの門出に立ち会えるってすばらしいことですよね? 招待状の返信をするときからお祝いモードでいきましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。