スキルアップ・マナー

正しい「お茶碗の持ち方」で“所作美人”になろう!

正しい「お茶碗の持ち方」で“所作美人”になろう!

 お茶碗やお椀を持たずに食べることは、日本ではマナー違反とされていますよね。逆に、お隣の韓国や中国では、お茶碗を持ち上げて食べてはいけません。

 食事のときにお茶碗を持ち上げるのは日本独自の文化。これはもともと、脚の短いお膳を置いて全員が正座をして食べていたからなんです。畳の部屋にちゃぶ台が置かれる前の時代の話ですね。現在はテーブルに料理を並べて椅子に座って食べることが多くなっていますが、昔は茶碗やお皿を持ち上げないと食べることができなかったのです。

 そのため日本では、お茶碗を持ったまま箸を持つという行為を美しくこなすことが、求められてきました。この所作を知っておきたいマナーとして、正しく覚えておきましょう。

 まず、お茶碗は両手で持ち上げます。そして、右手を離し、左手のみでお茶碗を持ちます。このとき、お茶碗の糸底(いとぞこ※底の高くなっている部分)は、左手の親指以外の4本の指に乗せるにようにします。親指はお茶碗のふちに軽く当てて安定させましょう。つかむようにして持つのは、美しい持ち方とは言えません。

 左手でお茶碗を持った状態で、膳に置いた箸を右手で上から持ちます。箸先を、茶碗を持ったままの左手の糸底と指の間で箸を支えます。そして、右手で箸を持ち直して、おかずを食べはじめます。

 基本的に、お茶碗を持ってから箸を持つということを覚えておきましょう。慣れないうちはなかなか難しいと思いますが、自然な流れでこの動作ができると女性らしく見えること間違いなし。 ぜひ今日から食事のときに意識してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。