スキルアップ・マナー

「おあいそ」って言ったらNG! お寿司屋さんでの基本マナー

「おあいそ」って言ったらNG! お寿司屋さんでの基本マナー

 一人で足を運ぶことはなくても、仕事のつき合いで行ったり、上司に連れられていくことがある寿司店。あまり行く機会がない場所なので、お店でのエチケットを知らない人も多いのではないでしょうか。

 今日はちょっと敷居の高いお店でも安心して食事ができるような、お寿司屋さんでの基本のマナーをご紹介します。

 お寿司屋さんの醍醐味といえば、目の前の板前さんに直接食べたいものを注文できるところ。でも好きなものだからといって、同じネタばかりを頼むのはあまりいいマナーではないそう。はじめは白身魚など淡白な味のネタを注文し、徐々にトロやアナゴといった味の濃いネタを頼むとおいしく食べられます。また、ひとつのネタを堪能したら、お茶をいただいて口の中をすっきりさせ、次のお寿司を口にしましょう。

 次に「お寿司は箸を使って食べるのか? 手で食べるのか?」というよくある疑問にお答えします。結論から言うと、食べやすければどちらでもOK。慣れない手つきでぽろぽろこぼしてしまうよりも、慣れた方法できれいにいただくのがベストです。箸を使うなら、ネタとシャリの両方を軽くつまんで口に運びます。手でつかむ場合はシャリを上にしてネタにしょう油をつけ、そのままネタを舌で味わうようにいただきます。こうすればシャリがしょう油で崩れません。

 お寿司屋さんではお勘定のことを「おあいそ」というのがマナーだと思っている人もいるかもしれませんが、これは間違い。本来「おあいそ」や、しょう油のことを指す「むらさき」、お茶を指す「あがり」などはお店側が使う言葉です。たとえば「おあいそ」は、昔お店の人が会計をするときに「お愛想(おあいそ)がなくて申し訳ございません」と言っていたのが語源とされているので、お客さんの立場で「おあいそしてください」と言ってしまうと失礼に当たってしまうのです。

 また、お店に行く前には自分の香りに気をつけましょう。ふだん香水やコロンなどをつけている人も寿司店に行く場合は控えて。お寿司は素材の味を楽しむ繊細な料理なので、香水の香りで周囲の人やお店に迷惑をかけるのはマナー違反になってしまいます。

 海外でも「SUSHI」として親しまれているお寿司。正しい知識とマナーを身につけて、おいしくお寿司をいただきましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。