スキルアップ・マナー

「賀正」「迎春」は失礼? 目上の人への「年賀状マナー」を再確認!

「賀正」「迎春」は失礼? 目上の人への「年賀状マナー」を再確認!

 そろそろ年賀状の準備を始める時期ですね。親しい友人への新年の挨拶はメールですませる人も増えているようですが、職場の上司や先輩、お世話になった人などへは、手書きの年賀状を出している人も多いはず。そこで、目上の方へ送る年賀状のマナーを見直しておきましょう。

 まず、仕事でお世話になっている人へ送る年賀状は、親族や友人へ送る年賀状とは別のものを用意します。とくに、公私ともに親しいつき合いがある場合以外は、プライベートの写真入り年賀状などは出さないように気をつけて。また、年賀状は相手の家族の目にも触れることを配慮しましょう。

 目上の人に賀詞を書く場合は、尊敬を表す文字の入った「謹賀新年」「恭賀新年」などを使用します。「賀正」「迎春」などは簡略化された言葉なので、目上の人には失礼に当たるとされています。また、賀詞があれば「おめでとうございます」は意味が重複するので不要です。

「新年おめでとうございます」「明けましておめでとうございます」は、相手を選ばずに使える挨拶ですが、「新年」と「明けまして」は意味が重なるので、「新年明けましておめでとうございます」とはしないように注意しましょう。

 前年のお礼を書く場合は、「昨年」「旧年」と書きます。「去年」の「去」の字は「去る」に通じる忌み言葉なので避けてください。同じように「失う」「切れる」「倒れる」といった忌(い)み言葉も、年賀状には使わないように気をつけましょう。

 年賀状は松の内(関東では1月7日、関西では1月15日が一般的)までに届くように出すものですが、元日に届くのが理想的です。目上の方の場合はとくに、遅くとも3日までに着くように、余裕を持って投函したいですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。