スキルアップ・マナー

お酌の正しいマナーを知ってる? お酒の注ぎ方、グラスの持ち方をおさらい

お酌の正しいマナーを知ってる? お酒の注ぎ方、グラスの持ち方をおさらい

 忘年会や新年会など酒宴の多いシーズンですね。お酒は、人と人との距離を縮めるための重要なコミュニケーションツール。お酌をする機会もあると思いますが、きちんとしたマナーを知っている人は意外と少ないのでは? この機会にお酒の種類別の「注ぎ方」のマナーを確認しておきましょう。

 まずは、ビール。ビール瓶はラベルを上にして、手でラベルを隠さないように瓶の下のほうを片手で持ちます。もう片方の手で、瓶の下側を支えるようにします。グラスの上のほうが適度に泡になるように、始めはゆるやかに、そしてだんだん勢いよく、泡ができはじめたら再びゆるやかに注いでいきましょう。泡がグラスの3割くらいになるように注げば完璧です。反対にビールをグラスに注いでもらう場合は、あまりグラスを傾けず、コップの底に手を添えて注いでもらいましょう。

 日本酒の場合は、徳利の胴部分を右手でしっかり持ち、左手は下側に添えます。熱燗のときは、火傷をしないように徳利の首部分を右手で持ち、左手は徳利の底部分におしぼりなどを添えて持ちます。盃(さかずき)いっぱいに注ぐと飲みにくいので、八分目を目安にしましょう。日本酒の場合、盃をテーブルに置いたまま酒を注ぐ“置き注ぎ”はNGです。必ず手に盃を持ってもらい注ぐようにしましょう。

 盃の正しい持ち方は、親指と人差し指で上部を持ち、中指は下部に、薬指と小指は中指に沿うようにします。盃は両手で持つのが基本ですが、男性の場合は、盃を片手で持ってもかまいません。そして、親指と人差し指の真ん中あたりから飲むのが正しい作法です。

 ワインのボトルは、ビール瓶と同じようにラベルが上にくるように右手で底を持ち、左手は下側を支えるように持ちます。注ぐ量は、ワイングラスによっても違いますが、3分の1程度を目安にするといいでしょう。ワインを注いでもらうときは、グラスを持ち上げたり、触ったりするのはNG。テーブルに置いたままにします。また、グラスの正しい持ち方は、ワイングラスを支えている脚の部分の一番上を親指と人差し指で持ち、ほかの指は軽く添えるようにします。

 会社の人たちとの飲み会は、日頃仕事でしか接しない上司や先輩、同僚との親睦を深めるための場です。お互いが気持ちよく飲めるよう、最低限のマナーは知っておくようにしましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。