スキルアップ・マナー

忙しいときこそ優雅に! 舞妓さんから学ぶ美しい振る舞い方

忙しいときこそ優雅に! 舞妓さんから学ぶ美しい振る舞い方

 あわただしい師走。そんなときこそ、いつもよりも優雅で落ち着いた行動を心がけたいものですね。今回は、はんなりとした風情が印象的な舞妓さんに、優雅な振る舞いを教えてもらいましょう。

 まずは、仕草と行動から。舞妓さんは、決してお客さまに焦っている姿を見せないのだといいます。急いでいるときほど、気持ちをゆったりもって、微笑むことが美徳とされているそうです。

 それから、舞妓さんには挨拶をするときの決まりがあります。挨拶は歩きながらしたり、何か作業をしながら片手間にしたりはせず、ちゃんと立ち止まり、相手に目を向けて行うものとされています。ほんの短い時間でも、相手への敬意を表すこの行為、ぜひ見習いたいものですね。

 師走はお酒を飲む機会も増えるもの。ここでも舞妓さんの振る舞いは参考になりますよ。お酌をするとき、手の甲はきちんと上に向けていますか? 武士のいた時代、切腹をするときは刀を逆手で持っていたそうで、このことから舞妓さんの世界ではお酌のときに手を返してしまうのはNGとされています。たとえば、右側の人へ右手でビールを注ぐ場合、つい手の甲を下にして、手を返した状態にすることもあるのでは? こういうケースもきちんと身体の向きを整えて、手の甲は上にしてお酌すると、とても上品な雰囲気になりますね。

 ほかにも、舞妓さんは宴席に飲み物や食べ物が行き届いているか確認し、足りないようならその場の雰囲気を壊さないように、頻繁には動かず、まとめて取りにいくそう。また、お客さまにお酒をすすめられたときは、同時にお水やお茶を飲んで酔わないように気をつけるのだといいます。これらのさりげない配慮や自己管理を行って、よい場をつくっていくのですね。

 この冬、あなたも舞妓さん流、振る舞い美人を目指しませんか? 素敵な所作のヒントがもっと隠されていそうですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。