スキルアップ・マナー

3日坊主にならない! 達成しやすい目標を立てるために必要な5つの要素

3日坊主にならない! 達成しやすい目標を立てるために必要な5つの要素

 1年という時間の長さは、何も目標を立てずに過ごせば、漫然と過ぎてしまうもの。新しい年の目標をイメージしてスタートを切ることは、仕事でもプライベートでもとても大切です。

 でも、せっかく目標を立てても、忘れてしまったり、全く達成できなかったりすることも多いですよね。そんなことになってしまっては、目標を立てる意味がありません。達成しやすい目標を立てるには、どのようなコツがあるのでしょうか。

 自分に合った“正しい目標”を立てるには、「具体的」「判定可能」「達成可能」「関連性」「時間軸」の5つの要素が含まれていることが大切とか。

 たとえば、「英会話を頑張る」という目標は、「頑張る」という精神論に頼りすぎていて現実味がありません。「毎日、1時間は英会話を勉強する」など、「何をするか」を“具体的”にするようにしましょう。

 ゴールに達したかが簡単にわかるということも大事。これが「判定可能」の意味ですが、「英語の勉強をする」だと、どの程度勉強したら達成かがあいまいなので、「TOEICで700スコア以上をとる」など、わかりやすい到達点を決めるとよいそうです。

 そして、高すぎる目標は、やる気の継続が難しく挫折しやすいので注意が必要です。頑張ったら「達成可能」なレベルを、まずは設定するようにしましょう。

 目標は、自分がやりたいと思っていたり、大事にしていることに合っていなければ、達成したいとは思わないはずです。「今年こそ英語を」と思う人は多いけれど、「英語を使ってぜひこれをやりたい」という「関連性」がなければ、モチベーションの低い目標となってしまうので要注意です。

 達成するには、「時間軸」を考え期日を設けることも重要です。1年後の設定だとしても、そのために「1ヶ月以内に〇〇する」という小目標を設定しましょう。

 目標は、立てただけでは何の意味もありません。ぜひ今年こそ、達成できる目標を立てて、充実した1年を送りましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。