スキルアップ・マナー

仕事に恋愛に役に立つ! 人との最適な距離 4つの「パーソナル・スペース」とは?

仕事に恋愛に役に立つ! 人との最適な距離  4つの「パーソナル・スペース」とは?

「パーソナル・スペース」という言葉を聞いたことはありますか? 人は誰でも、無意識に相手との距離をはかっているものですが、米国の文化人類学者、エドワード・ホール氏は、この相手との距離感をパーソナル・スペースとして、4つのゾーンに分類しています。

(1)公共距離(相手との距離が3.6メートル以上)
 講演など、複数の相手が見渡せる空間などでの距離。個人的な関係をつくることは困難。

(2)社会距離(相手との距離が1.2~3.5メートル)
 商談など、相手に手は届きにくいものの、会話はできる空間などでの距離。形式的、儀礼的な関係での距離感。

(3)個体距離(相手との距離が45センチ~1.2メートル)
 お互いに手を伸ばせば触れ合える空間での距離。親しい友人関係での距離感。

(4)密接距離(相手との距離が45センチ以内)

 相手に触れられる、抱きしめられる距離。家族や恋人などごく親しい人との距離感。

 パーソナル・スペースには個人差があり、お互いの人間関係や相手に対する自分の感情などによっても変化するそう。逆に、相手のパーソナル・スペースもありますから、お互いが心地いいと感じる距離感を見極めることが大切なんですね。

 それには、相手の態度や反応を意識すること。たとえば、気になる彼と親しくなりたいからといって、いきなり「密接距離」に近づくと、違和感や不快感を与えてしまうこともあります。相手が身体を引いたり、向きを変えようとしたり、視線を合わせようとしなかったりするときは、相手のパーソナル・スペースを侵害しているサインかもしれません。その場合は、近づくよりも、相手が安心する距離をとったほうがいいでしょう。

 相手のパーソナル・スペースに入るには、相手が警戒しない距離から、意識されずに自然に近づくのがコツです。また、パーソナル・スペースは一般的に卵型をしているため、前方よりも、後方や横面のほうがやや狭くなっているそう。ですから、親しくなりたい相手とは、向き合うよりも、並んで話すほうが親近感が増すようです。飲み会などでは彼の隣の席をキープして、一緒にメニューを見たり、スマートフォンや携帯電話で撮った画像を見せ合ったりと、工夫してみて。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。