スキルアップ・マナー

大人の女性なら覚えておきたい! 「会席料理」のマナー

大人の女性なら覚えておきたい! 「会席料理」のマナー

 テーブルマナーの中でも、和食の会席料理はちょっと敷居が高く感じますよね。でも、会席料理はもともと、江戸時代にお酒を楽しむために供されていた宴席料理。料理の流れや食べ方のコツを覚えておけば、気後れすることなく楽しめますよ。会席料理の一般的な流れは以下の通りです。

(1)先付け・前菜(おしのぎ)

 和え物や珍味など酒の肴を意味するもの。旬のものが使われることが多いので、運ばれてきたらまず目で楽しむ。数品盛りつけられている場合は、手前から順に、または、左右・中央の順でいただく。器は手に持ってもOK。串物は料理を串から外して、大きな物は食べやすい大きさにしてから口に運ぶ。

(2)吸い物

 すまし仕立ての汁物。お椀のふたは内側を上に向けて、お膳の右側に置く。飲み終わったあとは、出されたように戻す。お椀に文様がある場合は上下を合わせて。

(3)お造り(向付=むこうづけ)

 魚介類の刺し身の盛り合わせ。淡白な白身から、貝、脂ののった赤身の順で。わさびはしょう油に溶かさずに、刺し身のほうへ少量のせる。

(4)煮物(炊き合わせ)

 野菜の煮物。箸は手前からつける。口に運ぶときは手を添えずに、懐紙で受けるようにする。最後に残っただしは、器に口をつけて飲んでもいい。

(5)焼き物

 魚介類や肉を焼いたもの。尾頭付きの場合は、背肉から箸をつけ、上身をいただいてから、懐紙で頭を押さえて骨を外し、下身をいただく。身を裏返すのはNG。切り身の場合は左から。

(6)揚げ物

 天ぷらや素揚げした物。盛りつけを崩さないように手前から手をつける。塩はひとつまみして、食材に振りかける。天つゆの場合は器を持って受けながら食べる。

(7)蒸し物

 茶碗蒸しやかぶら蒸しなどの蒸し料理。具材を食べたら、卵液などは器に口をつけて飲んでもいい。

(8)酢の物

 海藻や野菜を酢で和えたもの。手前から箸をつけて、最後は器に口をつけて飲み干してもOK。

(9)ご飯・香の物、止め椀(味噌汁)

 会席料理の締め。ここでお酒はストップして、温かいうちにいただく。

(10)水菓子(果物)

 食後のデザート。添えられた楊枝やスプーンでいただく。種があるものは懐紙で口元を隠しながら出して包む。

 お店によって多少流れや呼び方が変わることもありますが、こうした基本を覚えておくと安心です。会席料理には懐紙の用意も忘れずに。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。