スキルアップ・マナー

割り方にもマナーが! 意外に知らない割り箸の正しい使い方

割り方にもマナーが! 意外に知らない割り箸の正しい使い方

 外での食事で使うことも多い「割り箸(わりばし)」。ふだんは何気なく使っている人がほとんどかと思いますが、実は割り箸にも使い方のマナーがあることをご存知でしょうか?

 まずは割り方。箸を割るとき、左右に割っている人をよく見かけますが、これでは勢いで隣の席の人にひじが当たってしまうことも。箸は垂直ではなく水平に構え、両手で上下に力を入れ、ひざの上で割るようにしましょう。

 先端が細くとがった利休箸のようなものには、真ん中に巻紙が巻いてあることがあります。このときは紙を破るのではなく、先端の方向に巻紙をずらして取るようにしましょう。わりばしの場合は、そのあとに先程と同じ要領で割ります。

 わりばしは使っていると先のほうが汚れてしまうものですが、ほかの人に先を見せないのもマナーのひとつです。食事中、箸を置く際、はし置きがあるなら必ず使いましょう。器の上に置いたり、そのままテーブルの上に置いたりするのはマナー違反です。

 はし置きがないときは、まず箸をいちばん低い皿にかけておき、はし袋で作ります。結び文や山形折りなどいろいろな作り方がありますので、自分の好きな形に整えて、器の手前に置きましょう。また、縁のあるお膳で食事が出てきたときには、お膳の左手前の縁に箸をかけても問題ありません。

 食べ終わった箸ははし袋の中へ戻すことも忘れずに。その際、袋の先を軽く折り返しておけば食べ終わったというサインにもなります。はし袋がないときには器の手前に置き、汚れた箸が見えないようにしましょう。

 割り箸だけでなく、箸づかいにはほかにもいろいろなマナーがあります。Daily Beauty Naviでも箸使いのマナーについてご紹介しています。ぜひ【関連リンク】の「まだ間に合う! 美しい箸使いをマスター!」からアクセスしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。